霜の華

25日、早朝の福島潟。春間近なのか、雪面が所々で裂けている。

『雪割れ』と呼ぶそうだ。

雪に閉ざされていた土の精の目覚めの欠伸とでも言うのでしょうか。前日まで天候が比較的穏やかで雪解けが一気に進んだのだろう。

それでいてこの日の朝は『凍み渡り』が出来るぐらいに冷え込んだ。

念のため鼻っ面を裂け目に近づけて中の匂いを嗅いでみた。

残念ながら全くしない。泥臭い土の臭いでも漂っているのであれば、さぞや春の足音を肌でも感じたであろうに。

それどころか両脇の雪片に霜が付着して、それが隙間を修復するかのように伸び広がっている様を見て、一方では春の訪れを嫌い、尚も居座りたいと駄々をこねている冬の本念が見え隠れしているようにも思えてきたのでした。

春の嵐?

3月1日、午後から吹き荒れ出した風、なんだぁ~これ! 上越新幹線もストップ・・聞いたことないなぁ。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s Nikonf5   福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

泡沫の“海岸線”

天の川・霜の華

関連記事

  1. 冬木立

    陽が昇って、凍てついて張りつめた大気がちょっと緩んだ感じ。地表近くで…

  2. 12月初っぱなの福島潟

    全く関係ない話運転中、モシモシやっていたら、普通車で18,0…

  3. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  4. レトロな朝/福島潟

    あらら・・やってしまったかな・・とちょっとは思ったが、じっくり眺めて…

  5. 霞む二王子岳

    二王子岳を撮影した状況登山家の田中 陽希さんが番組「グレートトラバーズ2」…

  6. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

  7. ヤマトシジミとマイクロレンズ

     Nikonでは昔から接写用レンズを“マイクロレンズ”と呼ぶ。どうして“マク…

  8. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。