霜の華

25日、早朝の福島潟。春間近なのか、雪面が所々で裂けている。

『雪割れ』と呼ぶそうだ。

雪に閉ざされていた土の精の目覚めの欠伸とでも言うのでしょうか。前日まで天候が比較的穏やかで雪解けが一気に進んだのだろう。

それでいてこの日の朝は『凍み渡り』が出来るぐらいに冷え込んだ。

念のため鼻っ面を裂け目に近づけて中の匂いを嗅いでみた。

残念ながら全くしない。泥臭い土の臭いでも漂っているのであれば、さぞや春の足音を肌でも感じたであろうに。

それどころか両脇の雪片に霜が付着して、それが隙間を修復するかのように伸び広がっている様を見て、一方では春の訪れを嫌い、尚も居座りたいと駄々をこねている冬の本念が見え隠れしているようにも思えてきたのでした。

春の嵐?

3月1日、午後から吹き荒れ出した風、なんだぁ~これ! 上越新幹線もストップ・・聞いたことないなぁ。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s Nikonf5   福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

泡沫の“海岸線”

天の川・霜の華

関連記事

  1. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  2. 霧の中のハンノキ その2

     さらに霧のハンノキをもう1枚。前に掲載した写真の数分前に105ミリレンズで…

  3. 1時間と5分

    レンズはマニュアル、露出値もマニュアル、記憶媒体はフィルム、トリミングもしな…

  4. 朝露トンボ

    2015年9月21日(祝日)撮影コフキトンボと言うらしい。シオカラト…

  5. 燃えない山の端

    既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、遠く…

  6. 霧の木

    Kodak T-MAX400 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  7. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って湖畔…

  8. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。