泡沫の“海岸線”

岸辺近く水面に薄く張り付いた氷。波で水面が揺らいで白く輝いたり、消えたり。

何でだろう・・近づいて真上からその様子を覗いてみた。

輝いたのは水面が下がった時に薄い氷との隙間に空気が入り込んだからで、水面が盛り上がると隙間の空気が追いやられ、底の暗い色と同化して見えなくなるんだ。

繰り返す波間の中で、浮かび上がる度に少しずつ、形が変わっていくんだね。

波が氷の陸地を浸食していくようにも見えてくる。そう考えてしまうと、もう駄目なんだな。氷の海岸線そのものに見えてきてしまって。

上空から日本の三陸海岸辺りを眺めているようだ。山あいまで入り江が沢山・・「これって、リアス式海岸?」

写真

シャッターを押すタイミングがなかなか合わない。水面の上下は規則性があるようだが、吹き寄せる風で微妙にリズムが変化する。

その変化なんて読める訳もなく、フライングしたり、出遅れたり。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF5  鳥屋野潟公園 18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

根開け

霜の華

関連記事

  1. 姫が踊る

    小さな女の子が服を重ね着し、着飾った姿で踊っている・・・そんな風に見えたので…

  2. 朱色に染まる鳥屋野潟

    台風10号の置き土産ですね(16日)。GRⅡで撮影した画像は投稿済みでし…

  3. 深緑と江戸紫

     葉の色艶や高貴な色合いの紫玉、加えて煩雑な枝が映り込まないとなると、何とし…

  4. 縦位置にしたら「男鹿半島」が見えたような

    8月3日の鳥屋野潟ですね。右側(南)からジワジワ攻め込んでく…

  5. 光る雲

    2015年5月30日(土)撮影 早朝の上沼橋。既に先客が二人。準備している間…

  6. ちょっと待った!カマキリ

    8月下旬頃からカマキリをよく見るようになった。時期的に彼らの生活上、大きな…

  7. 澄んだ大気

     上沼橋、午前4時。不純物さえ感じない大気。風が無いせいか寒くはない。葦原で…

  8. なびく水面、なびかない頭髪

    2015年9月24日(木)撮影 風があります。カメラのストラップが右から左へ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。