泡沫の“海岸線”

岸辺近く水面に薄く張り付いた氷。波で水面が揺らいで白く輝いたり、消えたり。

何でだろう・・近づいて真上からその様子を覗いてみた。

輝いたのは水面が下がった時に薄い氷との隙間に空気が入り込んだからで、水面が盛り上がると隙間の空気が追いやられ、底の暗い色と同化して見えなくなるんだ。

繰り返す波間の中で、浮かび上がる度に少しずつ、形が変わっていくんだね。

波が氷の陸地を浸食していくようにも見えてくる。そう考えてしまうと、もう駄目なんだな。氷の海岸線そのものに見えてきてしまって。

上空から日本の三陸海岸辺りを眺めているようだ。山あいまで入り江が沢山・・「これって、リアス式海岸?」

写真

シャッターを押すタイミングがなかなか合わない。水面の上下は規則性があるようだが、吹き寄せる風で微妙にリズムが変化する。

その変化なんて読める訳もなく、フライングしたり、出遅れたり。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF5  鳥屋野潟公園 18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

根開け

霜の華

関連記事

  1. CRACK

    暦の上で『立春』を過ぎたこの時期が一番気温が下がるというけど、ホント…

  2. パッチワーク

    「まるで、パッチワークだ」「やっと見つけた・・」落ち葉の広場…

  3. 緑炎

    新潟市・鳥屋野潟公園 写真は8月13日早朝、鳥屋野潟公園、鳥見庵脇の草地で撮…

  4. 幸せの 黄色い ボンボン

    写真のお方はヤナギトラノオ。漢字で書くと『柳虎の尾』となるのだろうが、葉…

  5. 盆前・燃えない鳥屋野潟

    盆前に撮っている。こんな雲があれば「かなり燃えたんじゃないの?」と考えるの…

  6. 鳥屋野潟・梅雨の晴れ間

    梅雨の晴れ間の7月14日に撮影している。この時点で4時半をまわって、日の出…

  7. 令和の時代・初日の出

    「5月1日の日の出」と言うことで令和の時代一発目の朝日です。「今日も朝焼け…

  8. 鳥屋野潟 一瞬のポワ~

    15日の鳥屋野潟の朝焼け。日の出時刻が4時21分になった。夏…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。