才能あり!

俺だったら何を描いただろうなぁ~ いずれにせよ上手い!

12日、福島潟メイン駐車場に車を止めて外に出たら、この顔が出迎えてくれた。

一体誰が描いたのだろう?

それにしてもインパクトある“へのへのもへじ”さんだなぁ。

ニンマリし、出来映えの良さに感心し、思わず近寄ってカメラに納めたのでした。

辺りには絵を描いた方の足跡が。

白いカンバス看板に気付き、躊躇せず近づいた感じがする。

それで、絵のタッチはどうだろう。

一気呵成というよりはバランスを考えながら丁寧に描いたような筆使いだ。

周りを見ても誰もいない。ニコニコしながらパシャリしたのでありました。

著作権があるならゴメンナサイね。

RVP100 AI-Nikkor 24 f/2.8s NikonF3  12日撮影

久々のNikonF3を使用している。フィルムを巻き上げて、自分なりにヨシとする露出値を決めて、シャッターを押してみた。撮った~という感触が中途半端だ。

巻き上げ音がしないせいか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

それぞれの福島潟

凍吹雪

関連記事

  1. 冬雲

    福島潟の冬雲。晴れていたはずが冬雲が一気に押し寄せ、辺りが暗くなって、終い…

  2. 9月の太陽

    この写真、福島潟で撮ったのだけど、どの時期か実のところチンプンカンプ…

  3. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

  4. 霜花

    昨日は多くの方から励ましのコメントやメッセージを頂き、有り難うござい…

  5. 朝露トンボ

    2015年9月21日(祝日)撮影コフキトンボと言うらしい。シオカラト…

  6. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  7. 鈍色の雲沼

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽…

  8. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。