才能あり!

俺だったら何を描いただろうなぁ~ いずれにせよ上手い!

12日、福島潟メイン駐車場に車を止めて外に出たら、この顔が出迎えてくれた。

一体誰が描いたのだろう?

それにしてもインパクトある“へのへのもへじ”さんだなぁ。

ニンマリし、出来映えの良さに感心し、思わず近寄ってカメラに納めたのでした。

辺りには絵を描いた方の足跡が。

白いカンバス看板に気付き、躊躇せず近づいた感じがする。

それで、絵のタッチはどうだろう。

一気呵成というよりはバランスを考えながら丁寧に描いたような筆使いだ。

周りを見ても誰もいない。ニコニコしながらパシャリしたのでありました。

著作権があるならゴメンナサイね。

RVP100 AI-Nikkor 24 f/2.8s NikonF3  12日撮影

久々のNikonF3を使用している。フィルムを巻き上げて、自分なりにヨシとする露出値を決めて、シャッターを押してみた。撮った~という感触が中途半端だ。

巻き上げ音がしないせいか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

それぞれの福島潟

凍吹雪

関連記事

  1. 閉ざす冬潟

    今日2月7日、ようやく外の空気を吸った。一週間ぶりである。先月末から急にお…

  2. 福島潟の夢

    ~在庫写真から~2014年12月9日撮影RVP100 AI Micro-N…

  3. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

  4. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  5. 冬雲

    福島潟の冬雲。晴れていたはずが冬雲が一気に押し寄せ、辺りが暗くなって、終い…

  6. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせい…

  7. 凍み渉るハンノキ

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF…

  8. yellow tower

    以前に一度掲載した事があるが、今回は別ポジを改めてスキャンした。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。