一本の木

霧氷でキラキラ見えたんだけどなぁ~・・

ポジ原板自体もそんなに輝いていないから、やっぱり撮る角度や方向なんだろう。

この木、福島潟の正面入り口から入って左を向くと遠くの方にポツンと立っている。ただし、佇まいがよろしくない。それであんまり見向きもされない。

ところがこの日(3日)は盛大な放射冷却が発生し、俄然、撮りたくなった。訳の分からない親父に怒鳴られましたが。

皆が通る小径を遮るように三脚た立てていたから、撮影の邪魔にならないように遠回りしてまでやって来たのに・・何様だ~っ!

「撮影の邪魔なんだよっ!」とまで言われてしまった。

気にしないである程度の距離を置いて撮影しようとしたら「俺はプロで許可・・」と聞こえてきたんだな。まぁ、いろんな人がいるもんです。

そう言えば同じ福島潟で夏場、捕まえたトンボを蓮の葉に接着剤みたいなもので固定して撮影している人がいて、その人も「プロだから・・」とか言っていたなぁ。

RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  福島潟

NikonF3

本日12日、福島潟で地吹雪の中の木々を撮影中にNikonF3がおかしくなった。

マニュアル操作で125分の1秒にダイヤルを合わせたにもかかわらずファインダー左上の液晶表示窓には2000の数字。つまり2000分の1秒。

ウッソだろ~とダイヤルをいろいろ回したらファインダーの中はメチャクチャな数字が出てくる(ダイヤル数字と液晶の表示数字が一致しない)。

A(オート)にしてみた。

なぜか±80になった。何処を向いて構えてもそのまんま。電圧のドロップダウンか?

カメラは丸裸で雪まみれ、水滴もわんさか・・だからかなぁ?

家に戻ってからブロアーで水滴を飛ばし乾かして、しばらく経ってから操作したら、嘘のようにちゃんとしている。やはり電圧か!

夢でも見ていた気分だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬木立

それぞれの福島潟

関連記事

  1. 腐敗

    炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満…

  2. 蒼霧

    『夜明けの霧潟』の数分前の光景です。このような蒼の世界が拡がっていま…

  3. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。…

  4. 朝陽シジミ

    新潟市・福島潟 2016年7月10日、早朝5時前後の撮影 朝露をたっぷりとま…

  5. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  6. 薄桃色の夜明け・福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  7. 霧の船着き場

     「船着き場」、「桟橋」・・どちらを選ぼうか迷ったが、大和言葉が使われた「船…

  8. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。