灰桜の猩々袴

 “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが
“赤い顔”は見当たらない。日本の伝統色で“猩々緋”がある。この花の漢字
に使われているくらいだからさぞ赤いのだろうと想像してしまう。
ところが灰桜の色をした株がやたら多い。
色合いが実に豊富な花なのに、何故なんだ。個体差か?時期のせいか?
 RVP100 105㍉ NikonF5 2015年4月4日撮影 新発田市滝沢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最後に小さくポ~ン!

珊瑚色の猩々袴

関連記事

  1. 赤い滴・サルトリイバラ

    サルトリイバラの赤い実。11月上旬、新発田市・五十公野(いじみの)の林の中…

  2. 大輪寺・“路傍すみれ”

    いつ見ても不思議と思うのです。人や自転車が行き来する砂利道を寝床にしなくて…

  3. カマキリのポートレート

    身を隠す場所なら幾らでもあるというのに、ママコノシリヌグイ?の花の下、風に揺…

  4. ハクチョウ

    新発田市五十公野公園。叔父さんがパン屑を蒔いている傍ら、28…

  5. 白花カタクリ

     白花カタクリ   カタクリを撮影していてファインダーから目を離し立ち上がっ…

  6. 長旅終えて・・?

     長旅を無事終えて瓢湖への着水を試みようとしているのかな。翼と両足をいっぱい…

  7. キクザキイチゲ紫花

    関川村鷹巣キャンプ場です。ここに来ると気持ちがワクワクする。母のふるさと…

  8. 蘇るホオズキ

    実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。役目を終えたホオズキは、玄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。