冬の きのこ

この冬のキノコ、シイタケ? ヒラタケ? それとも他の種類でしょうか。

触ってみると・・湿感あり、弾力あり、ヌメリもなく食べられそう。

ただし自然に生えたキノコは採って食べたことがない。

全くの無知なもんで。

 それで、陽の光がワ~ッと降り注いできた時にパシャリだけしてみたら、きのこは弾力どころか“乾燥椎茸“みたいに撮れてしまった。

どのポジも同じような雰囲気で、「やっちまったかな」と最初は思いましたが、考えてみれば、写真の光はまさに自分が目にした通りの明るさなんですね。

撮影時の光の強弱で印象がガラリと変わるんだな(今更ながら)。

「冬のキノコは冬らしく」が鉄則かも知れませんが、「・・らしく」そう思うこと自体が邪道なのかも知れません。

分解清掃

2台所有するNikonF5はいずれもオーバーホールしているが1台の顔色が悪い。

シャッター音が気になってきた。なんか乾いた感じなんですね。

それと軍艦部の液晶表示窓が、気温が上がると黒くなって数字が見えづらくなる。

記録を見ると6年前に分解調整。フィルムの巻き上げ部品の一部を交換している。

保証の効くオーバーホールはもうじき打ち止めらしいから2回目やって貰おうかな。

それと35ミリの広角レンズも。こちらは20年以上もやってないし。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s(現行品を入手した!) NikonF5  鳥屋野潟公園 4日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬雲

カメラの事 大雪の事

関連記事

  1. 根開け

    家によくやって来る野良猫がゴロゴロニャ~と鳴くようになった。今年も子作りの…

  2. ピロピロとマンサクの花

    午前中は台所で食器洗い、そして部屋の片付け、風呂の掃除。ここ…

  3. 雨雲がすだれて朱に染まる

    今朝の鳥屋野潟です。日の出が近づくにつれ、雲のエッジが際立っ…

  4. 秋風

     フィルム写真には“落とし穴”がある。その場で撮影状況を確認出来ない分だけ“…

  5. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  6. 鳥屋野潟は桃色潟

    夜明け前、東の空低くにポッカリ空間ができていて、その上に雲が鍋ぶたみたいに被…

  7. 街の音・鳥屋野潟

    空間を隙間無く埋め尽くす蝉の音の勢いがいきなり逸れた流れる風の向きが変わっ…

  8. 幸せの 黄色い ボンボン

    写真のお方はヤナギトラノオ。漢字で書くと『柳虎の尾』となるのだろうが、葉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。