紅差す鳥屋野潟

 金星が東の空低く輝いている中、闇夜が静かに割れていく。
星を撮影しようと上沼橋に立つが遠く山の端や湖面の上、大地と大気の際が
朱色に染まりだし、暫くその変化を楽しむことにした。
人々がまだ眠りに就いている間に自然の醸し出す光の演出を見届けています。
おっと、柴犬に引っ張られながら散歩しているいつもの爺ちゃんもいたな。
 最大で約30秒のスローシャッターで湖面を溶かしてみました。
朱色が紅を差したように平たく拡がったが、ブレてるカットの多さに唖然。
現像後の仕上がりを見るまで気にも止めなかった。何の振動を拾ったのだろう?
三脚はしっかりと立て、カメラはミラーアップ。車どころか人さえ通らないのに。
もしかすると自分の立ち位置が原因か。

 RVP100 105ミリ NikonF5 2014年7月上旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

白花かたくり

コゲラ

関連記事

  1. 名も知らぬ草

    『身近な自然』をライフワークにして、気の向くままパシャパシャやっているつ…

  2. ピンクのヘビ

    2015年7月5日(土)撮影かめ吉田んぼ脇の湿地にネジバナが咲き…

  3. 曼珠沙華・紅い花

    RICOH・GRⅢ万曼珠沙華が咲き出した。彼岸になれば必ず姿を見せる…

  4. オニグルミの雌花

    2015年5月6日(水) 正午頃撮影雌雄同一株で、雄花は10…

  5. 姫が踊る

    小さな女の子が服を重ね着し、着飾った姿で踊っている・・・そんな風に見えたので…

  6. 秋雨と蟷螂

     『蟷螂』・・何でこんな漢字?読めても、書けない漢字である。書けなくてもさし…

  7. 湖上の白鳥

    寒波の襲来で15日早朝は鳥屋野潟が凍り付いていました。園内で雪面の陰影を撮…

  8. 朱色に染まる鳥屋野潟

    台風10号の置き土産ですね(16日)。GRⅡで撮影した画像は投稿済みでし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。