紅差す鳥屋野潟

 金星が東の空低く輝いている中、闇夜が静かに割れていく。
星を撮影しようと上沼橋に立つが遠く山の端や湖面の上、大地と大気の際が
朱色に染まりだし、暫くその変化を楽しむことにした。
人々がまだ眠りに就いている間に自然の醸し出す光の演出を見届けています。
おっと、柴犬に引っ張られながら散歩しているいつもの爺ちゃんもいたな。
 最大で約30秒のスローシャッターで湖面を溶かしてみました。
朱色が紅を差したように平たく拡がったが、ブレてるカットの多さに唖然。
現像後の仕上がりを見るまで気にも止めなかった。何の振動を拾ったのだろう?
三脚はしっかりと立て、カメラはミラーアップ。車どころか人さえ通らないのに。
もしかすると自分の立ち位置が原因か。

 RVP100 105ミリ NikonF5 2014年7月上旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

白花かたくり

コゲラ

関連記事

  1. 不安な夜明け・鳥屋野潟

    4日、5時6分の鳥屋野潟。台風が接近している時の夜明けは、時…

  2. 木洩れ日とモゾモゾ

    頭上の木々の葉という葉、至る所にセミの抜け殻がぶら下がっている。1枚の葉に4…

  3. かわいらしい すももの花

    女房の入院準備前でドタバタ。気分転換に公園へ散歩に行く。…

  4. シモツケ

    2015年6月13日(土)撮影 鳥屋野潟公園の所々。開花してから2週間は過ぎ…

  5. 雪をかぶったサンシュユの実

    午後に鳥屋野潟公園と隣接したスポーツ公園長潟側に行く。大きな…

  6. 朝日と波紋

    6日、日曜日、早朝の鳥屋野潟。ちょうど5時頃でしょうか。思えば日の出の時刻が…

  7. ヒメジャノメ

    主役のヒメジャノメ(姫蛇目)には悪いが、背景のボケ具合に妙にムラムラきた。…

  8. 何だか嬉しいニイニイゼミ

    新潟市・鳥屋野潟公園子供の頃、セミと言えばアブラゼミで時たま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。