紅差す鳥屋野潟

 金星が東の空低く輝いている中、闇夜が静かに割れていく。
星を撮影しようと上沼橋に立つが遠く山の端や湖面の上、大地と大気の際が
朱色に染まりだし、暫くその変化を楽しむことにした。
人々がまだ眠りに就いている間に自然の醸し出す光の演出を見届けています。
おっと、柴犬に引っ張られながら散歩しているいつもの爺ちゃんもいたな。
 最大で約30秒のスローシャッターで湖面を溶かしてみました。
朱色が紅を差したように平たく拡がったが、ブレてるカットの多さに唖然。
現像後の仕上がりを見るまで気にも止めなかった。何の振動を拾ったのだろう?
三脚はしっかりと立て、カメラはミラーアップ。車どころか人さえ通らないのに。
もしかすると自分の立ち位置が原因か。

 RVP100 105ミリ NikonF5 2014年7月上旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

白花かたくり

コゲラ

関連記事

  1. きのこ一家

    2015年9月12日(土)撮影 『森のきのこ』撮影場所からわずか3,4㍍、三…

  2. 枯れ葉でしょうか いいえキタテハです

    2015年10月12日午後 撮影 セイタカアワダチソウの花にとまったキタテハ…

  3. 夜の終わり/鳥屋野潟

    依頼してから、なか一日でリバーサルフィルムの現像が出来上がった。早速…

  4. 雲のエッジが際立ってきた・鳥屋野潟がウユニ塩原に…

    この絵、25日の鳥屋野潟。雲の塊が左頭上にあって、「焼ける頃に湖面上…

  5. 草むらを抜けて眺めた鳥屋野潟にどことなく太古の息…

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。モ…

  6. その名は「マサキ」

    午後、会社から戻り鳥屋野公園亀キチ清潟池に行く。「柾」の実の撮影。…

  7. 薄明・ちょっとこの光は神々しいです その場に居合…

    ねずみ色の絵の具を流し込んだような雲が全天に拡がって、「今日の朝焼けも期…

  8. ReversalFilm NikonF3 

    夜明けの炎雲

    鳥屋野潟を望む上沼橋に立つと頭の中を風がすり抜けていくようになった。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。