日の出前

~前回の撮影の続き~

日の出が迫ってきて、顔が出るだろう山の端が一段と明るくなってきました。頭上には雲が流れてきて、その輪郭も光を受けて際立ってきそう。

三脚に固定したカメラの角度を少しだけ上に向けてパシャリ。

この時間帯は一寸目をそらし、そして視線を元に戻しただけでも、明るさが変わっているという不思議な時間帯だ。

その刻々と輝いてくる稜線部分を見ながらふと思ったのですね。

冬至を過ぎたから太陽が昇る位置はこれ以上右にはいかない。左へ引き返すって。夏至の頃を思い浮かべてみたんだけど、この構図のままでは左隅にも入らない。

つくづく日本は四季の変化に富んでる列島なんだなと。

銃声

あんまり書きたくないけど、鉄砲狩猟が近くでおこなわれている。

風物詩みたいなその音にいつの間にか慣れてしまったんだが、保護区のすぐ隣で「撃ってもいいよ」区域があるなんてヘンな気分になる。

午前7時にバッフ、バッフ・・と鈍い音が響いてきました。

普段ならその銃声に驚いて羽根を休めていたカモ達が一斉に浮き上がる。まるで鍋の蓋を開けた時に舞い上がる湯気みたいに。

ところがこの日はそれほどでもない。

遠くの方から、騒がしい羽音やら鳴き声が聞こえてはくるが、群れの塊が黒くなって動きまわるでもない。

彼らの危険察知能力で、敢えて危ない場所へは近づかなくなったのだろうか。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5   福島潟にて  12月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬の朝焼け

冬雲

関連記事

  1. 朝陽差す

    日の出前、急激に気温が下がり、湖面には湯気。その湯気の向こう…

  2. 早朝の福島潟

    “作画”していない素の福島潟の朝焼け。5月21日に撮影してま…

  3. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  4. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  5. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  6. 黄金色の朝

    写真の実際写真は4月15日午前6時頃福島潟、遊潟広場側から撮影している。…

  7. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  8. 1時間と5分

    レンズはマニュアル、露出値もマニュアル、記憶媒体はフィルム、トリミングもしな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。