冬の朝焼け

冬至を過ぎて迎えた最初の日曜日、五頭山系の山の端が赤く膨らんだ。

この時期、鈍色の知らず白む夜明けを見慣れた目には、それは控えめでいて染み入るような薄紅色でした。水面もいつになく穏やかです。波ひとつ立ちません。

その眠ったままの沼潟に明るくなるにつれて山並みが染まりながら映えてくる様はその場にいる者に静寂で平穏なひとときを与えてくれます。

何度も小さな声で「そろそろ起きてもいいんじゃない。 きれいな朝焼けだよ」と、潟の主に囁きかけたくなりました。

冬の朝焼けは格別です。

言い換えればそれだけ色のある空間を待ちわびているのでしょうか。

真冬の中にあって、聞こえるはずもない春の足音を微かに聞いたような気分になったのもそのせいかもしれません。

構図

遠くに見える山々のバランスをとってこんな感じにしてみた。

岸辺の湖面が色付いていく姿を表したく、ストレートに大きく取り入れた。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5   福島潟  12月下旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

墓守りの木

日の出前

関連記事

  1. レトロな朝/福島潟

    あらら・・やってしまったかな・・とちょっとは思ったが、じっくり眺めて…

  2. 冬の太陽

     時系列で撮影したので,その流れに組み込んでみた。太陽はあらかた昇って、カメ…

  3. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  4. 夜明け後の小舟 /無断でPinterestに投稿…

    この画像および記事がブログ管理者である私の許可なくPinterestに投…

  5. 薄明光線

     暑い!昼過ぎ、会社から自転車で家に戻ってきたが、汗ダラダラ。た…

  6. 福島潟・水鏡

     放射冷却現象で霧が発生するだろうとの算段で、暗いうちから岸辺に立ち、その時…

  7. 雪のない福島潟

    昨日12日、日の出前から此処に立ってました。暗闇の向こうから…

  8. 白む福島潟

    午前7時頃の突風はすんごかった。風の塊なんでしょうか、アレ初めて見ました。シ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。