露の花

女房や娘にボクの撮った写真を見せると「おとなしい」「動きがない」「ワンパターン」と、お決まりの文句が返ってくる。

それは自分でも判っていて、その言葉の意味に納得する。

それで、じゃあ、次はちょっと違う視点で・・と心に留めてフィールドに出掛けてみるのだが、いざ被写体を目にすると、やっぱり気持ちは昔のまま。

あれ、なんだろうなぁ。

悪く言えば頑固、四角四面、融通が利かない・・・。

ちょっと、壁にぶつかってる。

でも、写真は撮りに行く。家族が寝ている間に出掛け、起き出す頃に戻るパターンは相変わらずだ(日の出時間が遅くなる冬場は例外だけどね)。

写真の実際

冷え込んだ早朝、福島潟で撮影している。

センダングサにとまったアキアカネ。キラキラと輝いて、まるで“露の花”。

朝陽がゴワ~と光の束になって差し込んできた。朝の光はたまらなくいい。

カメラを構えるボクの背中が温かくなっていくのが判るくらいだから、このトンボだって嬉しいに違いない。「助かった~」と感じてるんじゃない?

左へ流れるセンダングサの枝とトンボの向きを意識して構図を決めた。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5  福島潟 11月上旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

犬蓼に紋黄蝶

晩秋の福島潟

関連記事

  1. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  2. 期日前投票の朝 

     本日代休。福島潟5時15分着。頭上にシリウスと双子座付近に、あれは惑星の木…

  3. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  4. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

  5. タカアザミは何処へ

    タカアザミは下向きに花を付けるが、コイツは地上高30㎝ほどを、上を向いて咲い…

  6. 桃色雲

     コウホネを覆い尽くす勢いで広がったヒシは弱まる気配がなく、湖面の向こう側へ…

  7. 染まれ~ もっと染まれ~!

    ふきのとうが顔を出し始める春先の夜明けは、山の端が茜色に染まります。…

  8. モンシロチョウ

    NHKの番組『全力失踪』に嵌まってしまった。設定が自分の過去とちょっこら似…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。