露の花

女房や娘にボクの撮った写真を見せると「おとなしい」「動きがない」「ワンパターン」と、お決まりの文句が返ってくる。

それは自分でも判っていて、その言葉の意味に納得する。

それで、じゃあ、次はちょっと違う視点で・・と心に留めてフィールドに出掛けてみるのだが、いざ被写体を目にすると、やっぱり気持ちは昔のまま。

あれ、なんだろうなぁ。

悪く言えば頑固、四角四面、融通が利かない・・・。

ちょっと、壁にぶつかってる。

でも、写真は撮りに行く。家族が寝ている間に出掛け、起き出す頃に戻るパターンは相変わらずだ(日の出時間が遅くなる冬場は例外だけどね)。

写真の実際

冷え込んだ早朝、福島潟で撮影している。

センダングサにとまったアキアカネ。キラキラと輝いて、まるで“露の花”。

朝陽がゴワ~と光の束になって差し込んできた。朝の光はたまらなくいい。

カメラを構えるボクの背中が温かくなっていくのが判るくらいだから、このトンボだって嬉しいに違いない。「助かった~」と感じてるんじゃない?

左へ流れるセンダングサの枝とトンボの向きを意識して構図を決めた。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5  福島潟 11月上旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

犬蓼に紋黄蝶

晩秋の福島潟

関連記事

  1. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  2. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  3. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

  4. 秋雨と紋白蝶

    知らぬ間に夜が明けて、気づけば目にするあらゆるものに色が乗っている。…

  5. 黄色い水仙と青空

    菜の花の黄色いじゅうたんが目を引くなか、岸辺にポツンな水仙を見つけた。空が青…

  6. たわわな実・ヘクソカズラの実

    杭に絡みついた蔓の主はヘクソカズラですねぇ~。杭は高さが3メ…

  7. 霞む二王子岳

    二王子岳を撮影した状況登山家の田中 陽希さんが番組「グレートトラバーズ2」…

  8. yellow tower

    以前に一度掲載した事があるが、今回は別ポジを改めてスキャンした。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。