アズマイチゲ

 3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。
約1年ぶりの訪問です。年々、キャンパー達の施設が拡充
されていて、心なしか林床が狭まった感じです。
現にお気に入りだった樹木が見つかりません。昨年まで根本付近
にカタクリの株を沢山抱えていて時期になると必ず撮影していました。
「今年はどうかな」と成長具合を確かめようとしたのですが・・。
歩道や表示板、あとテントサイトが増設されたのかな。
 北側、小山の斜面にはまだ20㎝ほどの雪がありましたが陽が満遍なく
あたる部分では早くもカタクリ、キクザキイチゲが咲いていたはず。
昨日28日は暖かな日差しを一杯に浴びたようですが、今日は曇り空で
花が開く兆候はありませんでした。終いには雨模様になりました。
 本日はフキノトウの撮影です。
背景色を意識して撮影してみました。後日掲載する予定です。
替わりに、ちょうどこの時期にここで撮影したアズマイチゲを掲載しました。
キクザキイチゲとは葉の切れ込み具合が少し違います。

 過去記事 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

霧の中のハンノキ その2

花畑の一本道

関連記事

  1. タマゴな水芭蕉

    撮影の実際汚れがない。清楚でドキッ。若さにクラッ。アンタみたいな心に…

  2. 角田山のイカリソウ

     角田山、灯台コース上で撮影。GW期間中に家族で登山。このコースは海抜0メー…

  3. 葉っぱだけならチンゲン菜

    2016年4月上旬撮影 新発田市・滝沢にて 圧倒的な落ち葉が川端にまでせり出…

  4. カモシカの足跡かも

    2012年4月7日 鷹巣キャンプ場。まだ、積雪40㎝、出入り口は雪の壁。それ…

  5. 紋のある白い蝶

    前回『身近な虫たちの華麗な生きかた』(ちくま文庫)をFacebook上でシェ…

  6. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  7. ハルニレのカブトムシ

    ハルニレの樹液をむさぼるカブトムシの♂。午前9時を過ぎ…

  8. 食指動かす彼岸花

    「彼岸になれば、忘れずに咲くヒガンバナ」・・写真仲間の一人の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。