アズマイチゲ・綺麗な姿に「三姉妹だな」って思いました


3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。

約1年ぶりの訪問です。

年々、キャンパー達の施設が拡充されていて、心なしか林床が狭まった感じです。

現にお気に入りだった樹木が見つかりません。昨年まで根本付近にカタクリの株を沢山抱えていて時期になると必ず撮影していましたが、なくなりましたね。

「今年はどうかな」と成長具合を確かめようとしたのですが残念です。

一帯は歩道が整備され、またテントサイトが増設されたのかな。

北側、小山の斜面にはまだ20㎝ほどの雪がありましたが陽が満遍なくあたる部分では早くもカタクリ、キクザキイチゲが咲いていたはず。今日は曇り空で花が開く兆候はありません。

終いには雨模様になりましたから。

本日はフキノトウの撮影です。

背景色を意識して撮影してみました。後日掲載する予定です。

替わりに、ちょうどこの時期にここで撮影したアズマイチゲを掲載しました。

キクザキイチゲとは葉の切れ込み具合が少し違います。

過去記事 初掲載

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

その樹木はやがて影となって霧の中へ吸いこまれていくのです

花畑の一本道・胎内市チューリップフェスティバルでの一コマ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む