枯れ葉?

『オーレリアンの庭 今森光彦 四季を楽しむ里山の暮らし』というNHKのドキュメント番組があった。アトリエ近くに四季折々の野草を植えて蝶を呼び込んでいた。

その中で女性ナレーターが「オレンジ色の蝶・・」と語っていたその蝶がコイツだ。名前はキタテハ。タテハ蝶の仲間である。

番組では誰にでも解りやすいように「(飛んでいる姿は)オレンジ色・・」と表現しているが、翅を畳んだ姿はこんな風になる。

「所々、囓られてみすぼらしいなぁ」なんて思ってしまう。でもね、コレは綺麗な個体なんだ。どこも囓られていない。

しかも反対側の翅とこちら側の翅がピッタリ重なっている。

翅裏のローマ字の“C”マークが特徴と言いたいが、色合いといい、形といい、枯れ葉と勘違いしてしまうのも当然かも知れないね。

この時も畦道を行きつ戻りつしていたから、自分の視界に入っていたはずなんだ。先入観で「枯れ葉」なんて思いこんで見ていたから気づかなかったのだろう。

それが陽の光がやんわり差して来た頃にタイミング良く順光の位置に私がいた。枯れ葉じゃなくて蝶だと判った時は嬉しかったなぁ。

すっかり朝露は消え失せて躰をブルブル振るわせて、目覚めのウォーミングアップを始めておりました(明らかに飛び立ちそう)。

その様子を焦りながらファインダーを覗いていたら・・ムム・・な点に気がついた。

あれ~・・あれれ・・ 人だぁ~

一旦そうなりだすと、もうダメだ。もはや蝶として見られない。何か意味ありげな笑いを浮かべた男の横顔がそこにある。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  福島潟 10月中旬撮影

*ブログを立ち上げて600本目の投稿! ワ~イ、ワ~イ でも台風接近中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夜明け待つ秋茜

白む福島潟

関連記事

  1. 染まる福島潟

    新潟市・福島潟二王子岳に遮られた雲が次第に折り重なる一方で、山の端は…

  2. 陽だまりイナゴ

     本日26日は健康診断、自身の眼病定期検診と合わせたから会社を休んだ。午前中…

  3. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら、激し…

  4. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  5. 憂鬱な朝焼け

    なんてタイミングが悪いんだろう。それまで前兆さえなかった便意が、これまた予…

  6. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  7. 逆光にキラリ・蝶の名は?

    草藪の中、ツユクサにまとわりついていたタテハの仲間をパシャリ。…

  8. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。