霧の中のハンノキ

 目前に湖面が迫るような位置に三脚を構えると腐った臭い。
寄せる波が土壌を浸食して匂いを攪拌しているよう。
半分水に漬って夜明けを待っていると葦原になにやら白い影。
靄が立ち始めたのです。放射冷却が起こりそう。
 やがて靄が岸辺の川霧と重なり、湖上の霧へと生長していく。
透き通るような大気はいつの間にか乳白色。それがゆっくりと
左右に揺らいでは思い出したように北側へと流れていく。
太陽の昇る位置を確認し構図を調整。静かにレリーズを重ねた。
霧の中から聞こえてくる鳥たちのさえずりが心地よい。
 様々な生き物たちの声する声にまどろみそうになるのは何故だろう。
撮影を終え土手に這い上がると辺り一面、霜が降りていました。

 RVP100 55ミリ NikonF5  2015年3月22日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

影絵

霧の中のハンノキ その2

関連記事

  1. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  2. 早く撮ってくれよ~

    「ちょっと危なくね~か~?」・・イナゴが話しかけてきた「相当、ヤバイかも知…

  3. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  4. 眠れたかい?

    エノコログサの懐で一夜をあかしたアキアカネ。夜明けは冷え込んだから、この光…

  5. 何気な畦道

    見かけておきながら、その脇をすり抜けていたアキアカネ。撮りたいという欲求がな…

  6. 白黒写真・一本の木

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN100 …

  7. モンキチョウ

    2015年10月12日(祝)撮影 予報に反しスッコーンと晴れ渡りました。気温…

  8. サンバを踊れない てんとう虫

    通り雨をやり過ごしたら、むさ苦しい夏の陽射しが戻ってきた・・シャッタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。