霧の中のハンノキ

目前に湖面が迫るような位置に三脚を構えると腐った臭い。

寄せる波が土壌を浸食して匂いを攪拌しているよう。

半分水に漬って夜明けを待っていると葦原になにやら白い影。

靄が立ち始めたのです。放射冷却が起こりそう。

やがて靄が岸辺の川霧と重なり、湖上の霧へと生長していく。

透き通るような大気はいつの間にか乳白色。それがゆっくりと左右に揺らいでは思い出したように北側へと流れていく。

太陽の昇る位置を確認し構図を調整。静かにレリーズを重ねた。

霧の中から聞こえてくる鳥たちのさえずりが心地よい。

様々な生き物たちの声する声にまどろみそうになるのは何故だろう。

撮影を終え土手に這い上がると辺り一面、霜が降りていました。

RVP100 55ミリ NikonF5  2015年3月22日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

影絵

霧の中のハンノキ その2

関連記事

  1. 燃えない山の端

    既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、遠く…

  2. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  3. キタテハ・秋型バージョン

    以前、“フィルム写真の落とし穴”について書いたことがある。デジタルカメラと違…

  4. 霜花

    昨日は多くの方から励ましのコメントやメッセージを頂き、有り難うござい…

  5. 冷たいタカアザミ

    天気痛気圧が急激に変化すると、頭痛がしたり、耳鳴りがしたり、…

  6. 露に一葉/紋白蝶

    逆光の位置からエノコログサの朝露を狙っていて、出会った紋白蝶。…

  7. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  8. そのまま・・動くなよ~

    陽が射して暖まってくると、飛び交う蝶が、やたら目に付いた。少…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。