霧の中のハンノキ

目前に湖面が迫るような位置に三脚を構えると腐った臭い。

寄せる波が土壌を浸食して匂いを攪拌しているよう。

半分水に漬って夜明けを待っていると葦原になにやら白い影。

靄が立ち始めたのです。放射冷却が起こりそう。

やがて靄が岸辺の川霧と重なり、湖上の霧へと生長していく。

透き通るような大気はいつの間にか乳白色。それがゆっくりと左右に揺らいでは思い出したように北側へと流れていく。

太陽の昇る位置を確認し構図を調整。静かにレリーズを重ねた。

霧の中から聞こえてくる鳥たちのさえずりが心地よい。

様々な生き物たちの声する声にまどろみそうになるのは何故だろう。

撮影を終え土手に這い上がると辺り一面、霜が降りていました。

RVP100 55ミリ NikonF5  2015年3月22日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

影絵

霧の中のハンノキ その2

関連記事

  1. 朝陽差す

    日の出前、急激に気温が下がり、湖面には湯気。その湯気の向こう…

  2. キタテハ・秋型バージョン

    以前、“フィルム写真の落とし穴”について書いたことがある。デジタルカメラと違…

  3. 霧の木

    Kodak T-MAX400 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  4. 氷の侵食

    真夜中の星の輝きに期待し5時福島潟。まだ、星が見える。…

  5. 福島潟の夢

    ~在庫写真から~2014年12月9日撮影RVP100 AI Micro-N…

  6. 蓮の葉の上で考える・雨蛙

    100TMX Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  7. 寒くないの~?

     あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛けて…

  8. 寂しいコハク

    11月5日土曜日早朝、畦の小径でうずくまったコハクチョウ幼鳥と出会う…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。