Big Swan

頭をひねって考えた。撮影日が思い出せないのだ。

24か25、いや26日か。撮影メモをとらないとすぐにこうなる。

掲載前から「あれ?いつだった?」

と言う事で、9月下旬の撮影としておこう。

久しぶりに岸辺の葦原から霧が沸いた。でも残念ながらここまで。

寒暖差が出てくるこれからの季節、晴れて風が無ければ霧が出やすくなる。

楽しみがひとつ増えたが、平日出勤前の朝焼け撮影は日の出が遅くなってきて中止せざるをえなくなった。会社の就業時刻に間に合わなくなるのだ。

まぁ、休日にタイミング良く眺められることを期待しよう。

写真は我らがBig Swan 。

こうして眺めていると周りのスポーツ公園や鳥屋野潟公園の樹木がだんだん大きく膨らんでいき、終いには木々の中に埋没してしまうんじゃないの、なんていうほぼあり得ない妄想を平気で思い描いてしまう。

RVP100 AI-Nikkor 180f/2.8s ED NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

遅れてきた夏・コムラサキ

朝露キラリ・紅しじみ

関連記事

  1. 寒雨

     最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇から覗き込ん…

  2. 鳥屋野潟・減感現像

    RVP100(-1減感) Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF…

  3. 姫が踊る

    小さな女の子が服を重ね着し、着飾った姿で踊っている・・・そんな風に見えたので…

  4. 年増のくちびる・ビッグスワン

    2015年9月16日(水)撮影 東の空が赤く染まり始めていました。雲が赤い波…

  5. 鳥屋野潟の日の出

    2015年4月19日(日)撮影 寝過ごした。福島潟へ行く予定だったが夜明け前…

  6. CRACK

    暦の上で『立春』を過ぎたこの時期が一番気温が下がるというけど、ホント…

  7. その名は「マサキ」

    午後、会社から戻り鳥屋野公園亀キチ清潟池に行く。「柾」の実の…

  8. 秋風

     フィルム写真には“落とし穴”がある。その場で撮影状況を確認出来ない分だけ“…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。