鶯色と紅梅色

 日本の伝統色で言うなら”鶯色”と”紅梅色”か。カタクリです。
昨年撮影していながら、そのまま忘れかけていたポジ。
 4月上旬頃に花が咲きだします。その群落は圧倒的で、一度出会えば
まず忘れないだろう。弾けるような生命感、躍動感が伝わるせいかな。
 写真は関川村鷹巣キャンプ場で撮影したもの。無数の花々からリズミカルで
二つ並んだ元気のいい花弁を選び、両方にピントがくる位置からパシャリ。
背景の鶯色は起伏に富んだ小山の斜面。ちょうど陽があたり輝いていた。
 過去記事 初掲載 2014年4月撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

時候雑記-2

影絵

関連記事

  1. 釣れたのは鯛ではなく亀だった・・

    ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Niko…

  2. 姫猩猩

    葉を広げた直径で約100㎜、花の大きさは10㎜あるかないかだろう。昨年花を…

  3. 落ち葉の中からフキノトウ

     関川村鷹巣キャンプ場。吊り橋を渡り雪の中を道なりに進むと右側に荒川。飯豊山…

  4. ムカシヤンマとウメノキゴケ

    桜の幹にとまったムカシヤンマ。樹皮に付いた緑色した海藻みたいなものは地衣類…

  5. アケビの花

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  6. ミツガシワ

    阿賀町・たきがしら湿原5月21日に撮影している。この時点ではちょうど…

  7. 深山茜・未成熟個体

    未成熟個体ではあるが、7日から10日前に見た時より体色が濃くなってきた。…

  8. 鳥坂山・薄紅色のイワウチワ

    イワウチワは岩団扇と書く。葉っぱの形が団扇に似ているからだ。私のように花…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。