縄文の里は 光のなか

縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違いなくあった・・それを思い浮かべると、日々の煩雑な生活がなにか陳腐になってくる。

どんな心境で朝を迎え、河を挟んだ対岸に横たわる蔵王の神に何を祈ったのだろう。同じ時空の延長線で私がいま、息をしている・・喩えようもない感覚に包まれます。

黄金色に輝く穂先を舐めるように撮影してみたいと考えていましたが、そうするには畦道から畝に渡らねばなりません。

無闇に踏み込むわけにいかず、諦めて180ミリ望遠レンズでその一角を切り取ってみました。

稲刈り直前の一面黄金色にはまだ時期が早いのは判っていましたが、迎える日曜日が晴れるという保障はなく、ましてや家の用事や仕事の都合で出掛けたくても出掛けられない諸事情の発生も大いにあり得る。

動けるときに動かないと・・

それでまたまた訪ねてみたら、そこは縄文の光に満ち溢れていたのでした。

RVP100 AI-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  胎内市・熱田坂  9月3日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

出会いは突然に

5日の夜明けと娘の願い

関連記事

  1. 散りゆくまえに

     雨上がりの林の中、鮮やかに紅葉した葉を見つけた。山際の斜面で、ひときわ輝い…

  2. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  3. 命紡ぐ 朽ち葉かな

    撮影の背景待ちに待った朝陽が伸びて、一気に光輝きだした名も知らぬ下草達。一…

  4. 切淵で哲学する雨蛙

    kodak t-max100 ai-micro nikkor 105f4 n…

  5. 赤谷・連続洞門

    Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 N…

  6. 落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

    チョロチョロ流れる水の量が増えた。冬の間何気に目にしていた小径沿いの暗い…

  7. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX …

  8. 白くないモンシロチョウ

    何じゃこりゃ?モンシロチョウにしては白くない。モンキチョウにしては黄…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。