縄文の里は 光のなか

縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違いなくあった・・それを思い浮かべると、日々の煩雑な生活がなにか陳腐になってくる。

どんな心境で朝を迎え、河を挟んだ対岸に横たわる蔵王の神に何を祈ったのだろう。同じ時空の延長線で私がいま、息をしている・・喩えようもない感覚に包まれます。

黄金色に輝く穂先を舐めるように撮影してみたいと考えていましたが、そうするには畦道から畝に渡らねばなりません。

無闇に踏み込むわけにいかず、諦めて180ミリ望遠レンズでその一角を切り取ってみました。

稲刈り直前の一面黄金色にはまだ時期が早いのは判っていましたが、迎える日曜日が晴れるという保障はなく、ましてや家の用事や仕事の都合で出掛けたくても出掛けられない諸事情の発生も大いにあり得る。

動けるときに動かないと・・

それでまたまた訪ねてみたら、そこは縄文の光に満ち溢れていたのでした。

RVP100 AI-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  胎内市・熱田坂  9月3日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

出会いは突然に

5日の夜明けと娘の願い

関連記事

  1. 桜の花

    本日21日は会社で健康診断。平日は業務の都合で人が集まらない。休日なら休み…

  2. ホタテなキノコ

    これって、ナニ?ホタテ貝を朽ちた木の根元にブスッと刺したみたいなヤツ。色…

  3. 伊達男 オシドリ

    神様は何でこんな色彩の取り合わせにしたのだろう。見れば見るほ…

  4. 雲上のカタクリ

    2日の日本経済新聞一面トップを眺めて「ははぁ~ん、やっぱりね」となっ…

  5. すぐそこにある春

    写真は3月25日午前10時頃、関川村・鷹巣で撮影したもの。こ…

  6. 王者の品格・オニヤンマ

    背筋ピ~ン。早くも王者たる品格が見え隠れしています。伸ばした躰は端正で美し…

  7. Catch・カワセミ

     梅雨入り前の今頃か、知り合い数人と撮影したカワセミ。狙う相手はカワセミで、…

  8. バンの親子

    撮影地:新潟県 瓢湖/夏(過去写真) お気に入りなのか、しょっちゅうこのポイ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。