モリアオガエル?

これって・・モリアオガエル?

一般的な雨蛙と比べると二倍以上デカい。それに枝にとまっている。

笹藪の中でシジミチョウの仲間、ゴイシシジミを見つけた。

それをなんとか撮影出来ないものか思案中に目にとまったのです。せいぜい私の肩の高さ位に。おそらくずっとそこにいたに違いない。

そこで私の動きをつぶさに観察していたのだろう。此方を確かに見ていたんだな。

「その小っちゃな蝶、俺、これから食べるんだけど 横盗りすんなよな」なんて風にも見えるし、まだ眠たいのにオイラの予期せぬ登場に睡眠を邪魔されて、煙たげに事の成り行きをハッキリしない頭であれやこれや考えてる風にも見える。

ゴイシシジミは雨やら暗さの面で撮影を断念してコイツに的を絞ってみた。そしたら「オイオイ 近づくなよ」とばかりに横を向いてしまった。

こちらの被写体のほうが光が廻ってくれて撮りやすい。シャッタースピードで1/30秒をなんとか稼げた。葉裏にいたゴイシシジミなんて露出を計ったらレンズf4開放で1/2秒。撮れるわけないもんね。

因みに撮影終えて静々遠ざかり、再度ゴイシシジミをつぶさに観察し、帰り際にコイツを見たら最初に目にしたとおり、枝に水平にへばり付いていんだな。

よほど、オイラの行為が気に入らなかったのだろうと思います。

付記

新潟市に三社神社という交通の神様を祀る神社がある(それだけじゃないけど)。

毎月、会社へ神主を呼んで安全祈願祭やったり、新車購入などには出向いて新車のお祓いをやって貰っている。

「無事に我が家へ帰る」・・交通安全の神様だから“帰る”と語呂をあわせて“カエル”の置物を境内至る所に置いてあるよ。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s(f4,1/30) NikonF5   胎内市 8月20日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

紫雲

鳥屋野潟は桃色潟

関連記事

  1. 砂の惑星

    RICOH・GRⅢ石じゃなくて砂だね(コンクリートです)。寄せる波、…

  2. 落ち葉布団

    みなさんは“アンガーマネジメント”という言葉をご存じだろうか。…

  3. モゾモゾ

    蝉の幼虫。僕の生まれ育った新潟県下越旧中条町では、蝉の幼虫をモゾモゾ…

  4. raindrops

    オニユリ。ヤマユリの咲く時期はとっくに過ぎたが、替わって咲きだしたこ…

  5. 浜風・桃崎浜

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3…

  6. 春の三姉妹

     春先は一面のカタクリで文字通り足の踏み場もありませんが小川沿いではフキノト…

  7. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  8. カマキリのポートレート

    身を隠す場所なら幾らでもあるというのに、ママコノシリヌグイ?の花の下、風に揺…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。