紫雲

長らく朝焼けの写真を撮ってますが、これは不思議な雲でございました。

右下のスタジアムの屋根が紫色に染まってますが、私の着ていた白のシャツも同じような感じでございます。つまり、何もかもそんな色なんですね。

国際気象機関(WMO)の国際雲図表に照らし合わせてみると、雲の種類は「下層雲」で、さらに分類すると「層積雲」。地上高でせいぜい2千メートルなんだって。

でも、オイラには手の届きそうな高さの「綿あめ雲」にしか見えないんだな。屋台で売っているあの綿あめ。裸電球に照らされたあの綿あめなんだけど。

写真はなんも細工せずパシャリやったまんまの映像。むしろ明るく撮れたぐらい。

ところが2コマ目にはガラリと色合いが変化して「まともな雲」になったもんね。と言う事は、これはこれで滅多に見られない?『紫雲』なのかなぁ。

ただ、それだけの事でございますけど、その瞬間そこにいなければ見られない・・これはこれで哲学的な意味合いも含んでくる内容なのであります。

RVP100 AI-Nikkor 50 f/1.2s(f5.6、1/15) NikonF5  16日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピグモン・ジャコウアゲハの幼虫

モリアオガエル?

関連記事

  1. 冬の きのこ

    この冬のキノコ、シイタケ? ヒラタケ? それとも他の種類でしょうか。触って…

  2. ニシシギとカメムシ?

    園内を歩いてすぐに色づいたニシキギにカメムシが多数とまっているのを発…

  3. 雲映す鳥屋野潟

     盆を過ぎた辺りから、朝晩は涼しくなったような気がする。早朝の潟の岸辺に立て…

  4. 秋 サンシュユの実-2

    2015年9月23日(祝)撮影 前回掲載した写真が午後のもので、これは朝に撮…

  5. 赤の刻

    16日の鳥屋野潟、夜明け前の姿です。Facebookでは当日にGRⅡで撮影…

  6. 鳥屋野潟の日の出

    2015年4月19日(日)撮影 寝過ごした。福島潟へ行く予定だったが夜明け前…

  7. 朽ちて 尚も匂い立つ 椿かな

    ソメイヨシノの蕾の状態を確かめに鳥屋野潟公園に出向くも掃き寄せられた落ち…

  8. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。