紫雲

長らく朝焼けの写真を撮ってますが、これは不思議な雲でございました。

右下のスタジアムの屋根が紫色に染まってますが、私の着ていた白のシャツも同じような感じでございます。つまり、何もかもそんな色なんですね。

国際気象機関(WMO)の国際雲図表に照らし合わせてみると、雲の種類は「下層雲」で、さらに分類すると「層積雲」。地上高でせいぜい2千メートルなんだって。

でも、オイラには手の届きそうな高さの「綿あめ雲」にしか見えないんだな。屋台で売っているあの綿あめ。裸電球に照らされたあの綿あめなんだけど。

写真はなんも細工せずパシャリやったまんまの映像。むしろ明るく撮れたぐらい。

ところが2コマ目にはガラリと色合いが変化して「まともな雲」になったもんね。と言う事は、これはこれで滅多に見られない?『紫雲』なのかなぁ。

ただ、それだけの事でございますけど、その瞬間そこにいなければ見られない・・これはこれで哲学的な意味合いも含んでくる内容なのであります。

RVP100 AI-Nikkor 50 f/1.2s(f5.6、1/15) NikonF5  16日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピグモン・ジャコウアゲハの幼虫

モリアオガエル?

関連記事

  1. 寒雨

     最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇から覗き込ん…

  2. 鳥屋野潟・減感現像

    RVP100(-1減感) Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF…

  3. 姫が踊る

    小さな女の子が服を重ね着し、着飾った姿で踊っている・・・そんな風に見えたので…

  4. 年増のくちびる・ビッグスワン

    2015年9月16日(水)撮影 東の空が赤く染まり始めていました。雲が赤い波…

  5. 鳥屋野潟の日の出

    2015年4月19日(日)撮影 寝過ごした。福島潟へ行く予定だったが夜明け前…

  6. CRACK

    暦の上で『立春』を過ぎたこの時期が一番気温が下がるというけど、ホント…

  7. その名は「マサキ」

    午後、会社から戻り鳥屋野公園亀キチ清潟池に行く。「柾」の実の…

  8. 秋風

     フィルム写真には“落とし穴”がある。その場で撮影状況を確認出来ない分だけ“…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。