火星、火山、脳みそ・・

またまたヘンテコなキノコを見つけた。

公園の縁沿い、辺りは芝やらカタバミが生えているような草地で、どちらかと言えば日陰ではない場所だ。

とは言うものの足を踏み入れると、ぶにゅ~と沈み込むほど柔らかな地面で、夏草を払って手で掘ってみると、泥水がジュワ~と染み出してくる。

みどりみどりした草の中にピンクがかった薄茶なキノコはすぐに目に付いた。キノコの大きさはソフトボールよりやや大きい。

けれど、いつ出てきたのだろう。2,3日前も通っているし、気づいても良さそうなんだけど。それだけ成長が早いと言う事でしょうか。

近づいて真上から観察してみる。

火星の表面を連想させるような模様。

続いて斜め脇から覗いてみる。

火山がドカ~ンと爆発した姿だ。下部分が山裾で丸い上部が噴煙。

家で記憶を頼りに図鑑やネットで調べて見た。

オニフスベの仲間・・ホコリタケの仲間・・・行き着いた・・『ノウタケ』だろうか・・・表面の形や模様が脳みそのように見えるからだろう。

・・・しかし・・どうも気になるんだなぁ。

『ノウタケ』にしては凹凸がなく、脳のシワも少ない。成長の段階で見た目が変化していくのかな。それとも地域特性か。はたまた全く違うキノコなのか。

触ってみたら柔肌感あり。食えそうな感じもあり。

周りに生えている草の向きを考え、このアングルで撮影した。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 三脚使用  新発田市 14日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

邪魔!

熱田坂は夢の中

関連記事

  1. ねじの回転

    確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で…

  2. 赤い滴・サルトリイバラ

    サルトリイバラの赤い実。11月上旬、新発田市・五十公野(いじみの)の林の中…

  3. “観音”すみれ

    タチツボ?・・判断に迷う時は昔から、撮影した場所の地名を頭に付けて呼んで…

  4. 色を忘れた紅葉

    灌木の裾からキジでもなくヤマドリでもない、そんな類いの野鳥がヒョッコリ姿…

  5. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたの…

  6. 大きく剥がす・氷の板

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3道を…

  7. ノコギリクワガタの品格

    8日に出会ったノコギリクワちゃんより一回り大きい。体長50㎜は優に超…

  8. オイラも撮ってケロ!

    2016年4月下旬の撮影林の中の小径、腹這いでイワカガミを撮…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

  1. こんばんは。
    今朝、バイパスで会いましたよね。
    私は濁川インターで降りて、近くをうろうろしてました。
    ちょっと珍しいものが撮れていい気分です。

    • そうそう、タイミング良く出会いましたね。
      鳥屋野潟で朝焼けを撮影して、胎内の胎内平へ向かってました。
      今まで雨で光量が足りず撮れていないルリタテハ、ヒカゲチョウを撮りに。
      結果、撮りはしましたがルリの翅をひらいた状態は撮れませんでした。
      ミヤマクワガタは以前までかなり目に付きましたがノコギリのみでした。
      あっと言う間に季節が通り過ぎていくのを実感しています。
      そう言えば、スポーツ公園でジャコウアゲハの幼虫の写真撮ってます。
      でも環境が薬剤散布やら下草刈りやらで見るに堪えない状況になってきた。
      何匹か蛹になって無事、羽化し成虫になればいいのですが・・

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。