アメリカコハクチョウ

 ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。
湖面には薄く氷が張っていて、割れた隙間にハクチョウが滑り込んできた。
二羽並んで「狭いからおまえが先行けよ」とでも言っているのかな。
右がコハクチョウ、左がアメリカコハクチョウ。
単に識別しやすいように縦列に並んだところをパチリ。
何処がどう違うのか、みなさんはお分かりですか?
見慣れれば、野鳥好きでなくてもすぐに識別できます。
 また「物珍しい」というだけで熱中してしまい周への気配りを考えない
困りものの鳥見の方も多いのは事実。希少性はあるけどマナーはお忘れなく。
 新発田市 五十公野公園での撮影です。

 過去記事 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

赤谷のサル

桜色の雪割草

関連記事

  1. ねじの回転

    確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で…

  2. ルリタテハ / 翅裏は・・?

    タテハ蝶の仲間、ルリタテハ。表の翅は濃紺の下地に瑠璃色のラインが鮮烈なま…

  3. 珊瑚色の猩々袴

     灰桜の猩々袴は新発田市滝沢の出入り口付近で撮影した。今回の写真は、”灰桜”…

  4. 姫猩猩

    葉を広げた直径で約100㎜、花の大きさは10㎜あるかないかだろう。昨…

  5. カブトムシ屍

    これも現実なのですね。サンダル履きで出掛けられる公園内でもこ…

  6. 元旦の朝・胎内市

    RICOH・GRⅢこの写真も元旦の朝に撮影してる。昨年末に『残像』と…

  7. 誕生だね オオヤマトンボ

    彼は私という人間に見つかって、さぞ胡散臭かっただろう。「これ…

  8. たぶん『山際 藤子』のポートレート

    山藤(野藤)にしては花房が長いみたいな。でも此所は山の際。花…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。