アメリカコハクチョウ

この記事は1分で読めます

 ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。
湖面には薄く氷が張っていて、割れた隙間にハクチョウが滑り込んできた。
二羽並んで「狭いからおまえが先行けよ」とでも言っているのかな。
右がコハクチョウ、左がアメリカコハクチョウ。
単に識別しやすいように縦列に並んだところをパチリ。
何処がどう違うのか、みなさんはお分かりですか?
見慣れれば、野鳥好きでなくてもすぐに識別できます。
 また「物珍しい」というだけで熱中してしまい周への気配りを考えない
困りものの鳥見の方も多いのは事実。希少性はあるけどマナーはお忘れなく。
 新発田市 五十公野公園での撮影です。

 過去記事 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。