カナブン/樹液を独り占め

そして、コイツだけが残った。樹液に集まったカナブンは五匹いた。

樹液の周りに等間隔で並んでいて、まるで花びらみたい。

「なんか面白そう」と思ったが、カメラを持ち合わせていない。急いで車に戻り、カメラと三脚を携えて戻る途中に、子供らがその幹を取り囲んでいるのが見えた。

「ヤバイ!」「やっちゃったかな?」・・変な予感。

何も知らないふりして近づいて「なんかいる?」と尋ねたら、

「カブトムシじゃないよ」と男の子A。

「カナブン、いっぱいいた」男の子B。

「へ~そんないた~?」引きつりながら驚きの表情を見せる私。

「んで、そのカナブン、どうなった?」事の経緯を聞き出そうとする私。

「あん?蹴ったら飛んでいった。コイツだけ残った」男の子B。

「よっぽど、腹減ってんのかな?」私。

・・そんなやりとりの後、雲間から陽が射してきたので、「写真撮りたいから、これで光を当ててくれる?」と自家製のレフ板を手渡した。

興味津々より明らかに「めんどくせ~」顔の面々。

「その位置から、ほれ、こうやって」

・・・そんなわけで、手伝って貰って撮影した1匹だけのカナブン。

男の子Cもいたが、その子だけ口を聞いてくれなかった。

空気読めなくてゴメンね。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 三脚使用 レフ板(子供達)  8月上旬 新発田市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

木洩れ日とモゾモゾ

ジャコウアゲハと朝焼けと

関連記事

  1. 女のたこ

    adox chs100ⅱ cosina voigtlander ultron…

  2. やまゆり

     新発田市内ノ倉から旧黒川村へ通じる道路沿い、民家近くの山の林の中でドッカ~…

  3. みんな帰っちゃったな・・

     仲間の白鳥たちはみんな北へ帰っていった。賑やかだった湖面はすっかり静まり返…

  4. クワガタムシ

    地面から這い出して幹を登り始めたか、それとも幹を降りていたのか知らな…

  5. 「母の日」の母

    Kodak T-MAX400 cosina voigtlander ultr…

  6. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  7. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  8. セアカツノカメムシ

    カメムシは農作物を食い荒らす害虫として断トツ的存在であるのだけど、そうで…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。