カナブン/樹液を独り占め

そして、コイツだけが残った。樹液に集まったカナブンは五匹いた。

樹液の周りに等間隔で並んでいて、まるで花びらみたい。

「なんか面白そう」と思ったが、カメラを持ち合わせていない。急いで車に戻り、カメラと三脚を携えて戻る途中に、子供らがその幹を取り囲んでいるのが見えた。

「ヤバイ!」「やっちゃったかな?」・・変な予感。

何も知らないふりして近づいて「なんかいる?」と尋ねたら、

「カブトムシじゃないよ」と男の子A。

「カナブン、いっぱいいた」男の子B。

「へ~そんないた~?」引きつりながら驚きの表情を見せる私。

「んで、そのカナブン、どうなった?」事の経緯を聞き出そうとする私。

「あん?蹴ったら飛んでいった。コイツだけ残った」男の子B。

「よっぽど、腹減ってんのかな?」私。

・・そんなやりとりの後、雲間から陽が射してきたので、「写真撮りたいから、これで光を当ててくれる?」と自家製のレフ板を手渡した。

興味津々より明らかに「めんどくせ~」顔の面々。

「その位置から、ほれ、こうやって」

・・・そんなわけで、手伝って貰って撮影した1匹だけのカナブン。

男の子Cもいたが、その子だけ口を聞いてくれなかった。

空気読めなくてゴメンね。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 三脚使用 レフ板(子供達)  8月上旬 新発田市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

木洩れ日とモゾモゾ

ジャコウアゲハと朝焼けと

関連記事

  1. 散りゆくまえに

     雨上がりの林の中、鮮やかに紅葉した葉を見つけた。山際の斜面で、ひときわ輝い…

  2. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  3. 命紡ぐ 朽ち葉かな

    撮影の背景待ちに待った朝陽が伸びて、一気に光輝きだした名も知らぬ下草達。一…

  4. 切淵で哲学する雨蛙

    kodak t-max100 ai-micro nikkor 105f4 n…

  5. 赤谷・連続洞門

    Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 N…

  6. 落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

    チョロチョロ流れる水の量が増えた。冬の間何気に目にしていた小径沿いの暗い…

  7. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX …

  8. 白くないモンシロチョウ

    何じゃこりゃ?モンシロチョウにしては白くない。モンキチョウにしては黄…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。