木洩れ日とモゾモゾ

頭上の木々の葉という葉、至る所にセミの抜け殻がぶら下がっている。1枚の葉に4匹ついているものもあれば、遙かに高い葉っぱに1匹ポツンとついているのもある。

その抜け殻を見ているうちに、背景の薄緑が美しい樹木を見つけた。

カツラの葉。

風のある日で、静まるのを待っては、すぐにピントを合わせて撮影したが、歩留まりが極端に悪い。5,6枚撮って1枚あるかないか・・ぐらいでした。

話替わって、セミの抜け殻つまりは幼虫を私の生まれた旧中条町では「モゾモゾ」と呼んでいる。子供の頃はそれが「俗称」だなんてこれっぽっちも思っていない。

この呼び名を当たり前に覚えていたのであるが、探鳥会の代役講師を一度やった時があって、その際に参加者に呼び名について問うてみたら、「そう言えば、なんと呼んでいた?!」という返答が多かった。

参加者は野鳥観察に来ていながら、蝉の話を聞かされるなんて思いもしなかったに違いない。未だに思い出してしまう。「なんで、あんな事、聞いたのだろう・・」

そう言えば、幼虫の捕まえ方も話してみたんだ。

夕方、地面に小指の爪ほどの大きさの穴を見つけたら、丁寧に表面を広げて大きくし、細い木の棒を差し込んで、水を流し込む・・すると・・しばらくして、木の棒を伝って「モゾモゾ」が這い上がってくる・・

どうだろうか?

少なくとも私の地元、町内「神明町」ではみんなそうやって捕まえていた。

このことについても誰一人として頷く人は居なかったもんね。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s(開放、1/250) NikonF5  鳥屋野潟 8月上旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

これもキノコ

カナブン/樹液を独り占め

関連記事

  1. ワルナスビ

    よろしくない存在(少なくとも僕には)。茎や葉にトゲがあり、う…

  2. 桃色目玉

    とみとみのブログ、白(白花カタクリ)、緑(フキノトウ)ともってきたん…

  3. 冷たいカオス

    近づいてくるワンちゃんより先にこの氷溜まりを覗き込んだ。めぼ…

  4. 赤いもみじ

    2015年11月1日(日)撮影園内でもひときわ色鮮やかなモミ…

  5. 清めてくれた鳥屋野潟

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。…

  6. 抜け殻に想う

    昨年夏の終わり頃から気になっていて、何度も様子見してました。…

  7. 藪の中 マユミの実

    2013年12月1日正式にはスポーツ公園、長潟の森地区。公園柵ぎ…

  8. 龍神雲

     ビッグスワンの紅白バージョンライトアップは外壁だけで、スタジアム内部の照明…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。