木洩れ日とモゾモゾ

頭上の木々の葉という葉、至る所にセミの抜け殻がぶら下がっている。1枚の葉に4匹ついているものもあれば、遙かに高い葉っぱに1匹ポツンとついているのもある。

その抜け殻を見ているうちに、背景の薄緑が美しい樹木を見つけた。

カツラの葉。

風のある日で、静まるのを待っては、すぐにピントを合わせて撮影したが、歩留まりが極端に悪い。5,6枚撮って1枚あるかないか・・ぐらいでした。

話替わって、セミの抜け殻つまりは幼虫を私の生まれた旧中条町では「モゾモゾ」と呼んでいる。子供の頃はそれが「俗称」だなんてこれっぽっちも思っていない。

この呼び名を当たり前に覚えていたのであるが、探鳥会の代役講師を一度やった時があって、その際に参加者に呼び名について問うてみたら、「そう言えば、なんと呼んでいた?!」という返答が多かった。

参加者は野鳥観察に来ていながら、蝉の話を聞かされるなんて思いもしなかったに違いない。未だに思い出してしまう。「なんで、あんな事、聞いたのだろう・・」

そう言えば、幼虫の捕まえ方も話してみたんだ。

夕方、地面に小指の爪ほどの大きさの穴を見つけたら、丁寧に表面を広げて大きくし、細い木の棒を差し込んで、水を流し込む・・すると・・しばらくして、木の棒を伝って「モゾモゾ」が這い上がってくる・・

どうだろうか?

少なくとも私の地元、町内「神明町」ではみんなそうやって捕まえていた。

このことについても誰一人として頷く人は居なかったもんね。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s(開放、1/250) NikonF5  鳥屋野潟 8月上旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

これもキノコ

カナブン/樹液を独り占め

関連記事

  1. たかが鳥屋野潟 されど鳥屋野潟

    6日土曜日、鳥屋野潟の夜明けです。7月に入ってムムッとなる朝焼けがこ…

  2. 蝶の時間

    『ゾウの時間 ネズミの時間』(中公新書・森川達雄 著)を数年ぶりに読んだ。…

  3. 何じゃこりゃ その名は「オニフスベ」

    明け方まで雨が降る。気温20度、朝晩は涼しくなった。6時頃に雨があがり午…

  4. 鳥屋野潟また来年

    台風19号による被害、どんどん拡大してる。甚大な被害だ。過去のデータなん…

  5. 綿飴にオレンジ色したシロップが染み込んでいくよう…

    新潟市・鳥屋野潟(上沼橋から)写真は6月29日の朝焼け。前日28日…

  6. 「夏越し」の夜明け・鳥屋野潟

    6月30日、1年の半分に当たる夜明けはこんな感じだった。年中行事の一…

  7. 思い出せない朝焼け

    2015年5月23日(日)撮影・・かも 現像上がりのスリーブを透かして見るま…

  8. 変幻自在な光の変化に圧倒された・Ricoh gr…

    RICOH・GRⅢ身内の許しを頂いたこと、現像時、水洗いの水温調整に目途…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。