クワガタムシ

地面から這い出して幹を登り始めたか、それとも幹を降りていたのか知らないが、不幸にもオイラの目にとまってしまったオスのクワガタ。体長4㌢ほどでしょうか。

陽の当たらない影を選んでいるのだろうか、太陽とは逆の位置に回り込んでいる。

見ていると先を急いでいる風だし、それで慌てて写真に撮ったのでありました(近づいたら体の向きを変え動きを止めた。最初は右下を向いていた)。

この場合、作画のしようがない。幹にへばり付いた状態で、背景を入れて、シルエットでやってみたが、カブトムシのような体のラインがなく、平坦になるし・・・。

近づく私を威嚇してクイッと頭を持ち上げ、ノコギリあごを開いた。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s(5.6)1/60 NikonF5 三脚使用 
新潟県新発田市 7月8日撮影
*樹木はニワウルシ。間違いない。幹周り1㍍あまりあった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キイトトンボ

緑の中のベニシジミ

関連記事

  1. 赤い滴・サルトリイバラ

    サルトリイバラの赤い実。11月上旬、新発田市・五十公野(いじみの)の林の中…

  2. 大輪寺・“路傍すみれ”

    いつ見ても不思議と思うのです。人や自転車が行き来する砂利道を寝床にしなくて…

  3. カマキリのポートレート

    身を隠す場所なら幾らでもあるというのに、ママコノシリヌグイ?の花の下、風に揺…

  4. 岸辺のキクザキイチゲ

     春先、里山でよく見かけるキクザキイチゲ。背景のキラキラは小川。もう数十年も…

  5. 白花カタクリ

     白花カタクリ   カタクリを撮影していてファインダーから目を離し立ち上がっ…

  6. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  7. 猩々緋の猩々袴

    ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。「漢字で“猩々袴”とあてなが…

  8. 蘇るホオズキ

    実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。役目を終えたホオズキは、玄…

コメント

  1. いいですねー
    これはノコギリクワガタですね。
    大好きで、子供のころによくとりに行きました。
    いまだに好きで、見つけるとワクワクします。

    • 撮影後捕まえて、私の後ろでじっと見ていた小っちゃな男の子にあげました。虫かご持ってないから、「入れるものあるの?」と聞いたら、「お母さんが持ってる」って。「じゃあ、お母さん呼べる?」と、重ねて聞こうとしたら、既にお母さんの元へまっしぐらに走っていってました。その後ろ姿、自分の幼い頃と重なりましたね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。