もしかして、大スクープ!・・?

何やら、見たこともない模様の蝶を見つけた。1円玉ほどの大きさ。

シジミチョウの仲間と思うが、こんな表翅の模様は初めて見た。

なんだろう・・この色合い?・・野鳥オガワコマドリの胸模様を思い浮かべた。

朝陽の入射角度のせいだろうか?

今度は体を屈めて翅裏をちょっとだけ覗いてみた。

「な~んだ、もしかしないでもヤマトシジミの♀?」

「男も女も繁殖期にほんのり艶っぽくなる、あれのせい?」

そう思うのであるが、やはり表翅の色合い・・なんなんだ・・と、なるんだな。

現像が上がってくるまで数日間、仕事中も上司の目を盗んではパソコンいじって色々調べているんだけど、いまだヒットしない。

実はシジミチョウの仲間でなかったりして・・と考えを改めて、セセリ蝶の仲間も調べ始めたが、これもまだなんだな。

とんでもない珍蝶、それとも、見向きもされない凡蝶・・・ウ~ン・・頭疲れる!

 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  7月9日 スポーツ公園にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

泣き出しそうな鳥屋野潟

ヒメジャノメ

関連記事

  1. blue moment

    *記事は現在 写真は2014年5月撮影夜明け前のほんの数分間、青の時間がや…

  2. 年増のくちびる・ビッグスワン

    2015年9月16日(水)撮影 東の空が赤く染まり始めていました。雲が赤い波…

  3. 梅の蕾

    先月27日に撮影した鳥屋野潟の紅梅。ほころびかけた蕾はパンパンに膨らんで今…

  4. Red and Black

    ~新潟市/鳥屋野潟の夜明け~ 写真は2014年の6月3日に撮影している。後に…

  5. 盆前・燃えない鳥屋野潟

    盆前に撮っている。こんな雲があれば「かなり燃えたんじゃないの?」と考えるの…

  6. 秋色ナナカマドの実

    2015年10月4日(日)撮影今年はナナカマドの実がやたら綺麗に…

  7. ん?終わり?・・な・朝焼け

    この写真は7月30日の撮影。雲がどんどん染まって拡がり、「左右や頭上までい…

  8. “紅光線”・・無理あるなぁ~

    リバーサルフィルムの現像が出来上がってきた。仕上がり具合をチェックし…

コメント

  1. こんばんは。
    斑紋を見てすぐにベニシジミとわかりました。
    異常型の白化型とかクリーム型というタイプだと思います。
    本来赤い部分が白やクリーム色になります。
    大スクープとは言えないと思いますが、珍しいものだと思いますよ。

    •  そうなんですね!・・言われてみてベニシジミの翅の模様と重ねてみると、アララ同じですね。異常型・・それしか考えられませんね。でも2頭いました。擦れていない方を撮影したのですね。
       本日はフィルム4本引き取りに行ってきました。しめて5,000円ちょっと。微々たるボーナスが出て女房と談判し5,000円頂きました。そっくりそのまま現像代に流用したというわけであります。
       クワタロウさんなら判るだろうな・・と。有り難うございます。
      週末は胎内の昆虫の家に行ってきます。関係者がいたら、異常型の件、聞いてみようと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。