鳥屋野潟・紫の夜明け

体験

撮影日は6月18日 上沼橋から鳥屋野潟を望んでいる。阿賀町のたきがし湿原へ出発する前に鳥屋野潟の朝焼けを拝みに来た。ここでいまひとつ解せない体験をした。

いつもの場所に車を止めて、デカい三脚とカメラバックを担いで道路を横切ると、街路灯の真下でよく見かける女性とすれ違う。軽く会釈した。

近くに介護施設があるから、看護師か介護士か調理師・・・そう踏んでいるのだが、その方、いつもと違い、立ち止まって声を掛けてきた。

「あっ・・釣りではないんですね。写真撮ってたんですね・・」そう言うと、此方が返事する前に歩道を静々歩いて行く。街路灯の光が届かないその先はまだ暗く、遠ざかる姿は闇の中に吸い込まれていくよう。

私も歩き出す。が・・ん・・? 気になることがあって振り返る・・するともう姿が見えない。一体何があったのだろう。

道路の向こうには市民病院。手前に交差点。その信号機の明かりが見えるのみ。ものの数秒しか経ってないのに・・どうしたんだろう?

それに「薄暗い道路の闇・・」・・先ほど感じたような暗さじゃないし・・・。

「気になって・・・」・・その部分のことなんだけど、街路灯の下で立ち止まった時、持っていた三脚を道路に一旦置いたんだ。その影がクッキリ黒く伸びたのに、その女性の影の記憶が全く無いんだな。

写真撮っているから、光周りはある程度心得ているつもりでいる。

まあ、その方の姿が見えなかったのは、草木や建物に隠れてしまって見失ったと解釈できるが、影はどう理解すればいいんだろう。

あれから何度か出掛けていて、街路灯の下を通りがかる度、三脚置いて影の出来方を何気に検証しているのだけど判りませんね。

経過観察中の緑内障のせい・・と、考えるようにしています。

撮影の実際

180ミリレンズを使用した。解放f値2.8でやってます。絞り込んでブレているようで、今回は可能な限り早めのシャッタースピードを心がけている。

RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

脇役になったヒメシジミ

ヒメシジミ♂

関連記事

  1. ん?終わり?・・な・朝焼け

    この写真は7月30日の撮影。雲がどんどん染まって拡がり、「左右や頭上までい…

  2. たぶん真冬日

    RICOH・GRⅢマスクの内側だけ蒸れちゃって、メガネが曇る。マスクを外…

  3. 鳥屋野潟・梅雨の晴れ間

    梅雨の晴れ間の7月14日に撮影している。この時点で4時半をまわって、日の出…

  4. 令和の時代・初日の出

    「5月1日の日の出」と言うことで令和の時代一発目の朝日です。「今日も朝焼け…

  5. 泡沫の流れ b

    眠れない夜に書棚から野尻抱影の本を引っ張り出してツマミ読み。この人、英文学者…

  6. 半ベソかいた鳥屋野潟

    デジカメやスマホは死ぬまで手にしない・・と、かなりの確率で思っていたが、フィ…

  7. 朝焼け

    新潟市・鳥屋野潟(上沼橋から)写真は6月29日の朝焼け。…

  8. 水面色づく鳥屋野潟の夜明け

    先月27日の写真になります。「燃えさかる」朝焼けではありませんでしたが、水…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。