村の鎮守 トラフズク

旧中条町(現:胎内市)、小さな神社境内での撮影です。

町内の人達が静かに見守っているせいか、ほとんど知られていません。近くに住んでいる親戚からの連絡で訪ねてみるとすぐに見つかりました。

杉木立の根元に小動物の骨やら毛の塊。ペリットかな。それと糞が沢山。

幹に沿ってゆっくり頭を上げると枝の間から「騒がしいな~」と胡散臭そうにこちらを見下ろしているトラフズクが。

両方の羽角をピンと立てていたから緊張状態なのでしょうか。

でもまだ目を丸くカッと見開いてないから、今のうちに1枚パチリ。春先になると「ギャーッ ギーッ」。恋の季節を迎えます。

撮影年月日 現在調べてます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

福寿草

伊達男 オシドリ

関連記事

  1. ぺたんこ蛙

    朽ちた竹棒のテッペンに“伏せ蛙”がいた。縁を掴む手つきが妙に…

  2. 密輸監視船“ゆうと”もとい“りゅうと”の脇腹

    Kodak T-MAX100(ISO125)Ai-Nikkor 35f/2s…

  3. たんぽぽの綿毛

    タンポポンの綿毛。柔らかな光が欲しくて、曇り空のもとで撮ってみました。背…

  4. 土筆とバッタ

    2016年4月16日(土)撮影/新発田市・滝沢 民家の裏山、四方が小高い丘に…

  5. 枯れ落ち葉・杉林

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  6. 出会いは突然に

    まさかの登場にドッキドキになった。こういう出会いは体に良くない。…

  7. 都忘れ/miyako wasure

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  8. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。