村の鎮守 トラフズク

旧中条町(現:胎内市)、小さな神社境内での撮影です。

町内の人達が静かに見守っているせいか、ほとんど知られていません。近くに住んでいる親戚からの連絡で訪ねてみるとすぐに見つかりました。

杉木立の根元に小動物の骨やら毛の塊。ペリットかな。それと糞が沢山。

幹に沿ってゆっくり頭を上げると枝の間から「騒がしいな~」と胡散臭そうにこちらを見下ろしているトラフズクが。

両方の羽角をピンと立てていたから緊張状態なのでしょうか。

でもまだ目を丸くカッと見開いてないから、今のうちに1枚パチリ。春先になると「ギャーッ ギーッ」。恋の季節を迎えます。

撮影年月日 現在調べてます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

福寿草

伊達男 オシドリ

関連記事

  1. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  2. 藍色・ヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原湿原の遊歩道脇、何やら小さな蝶が舞っています。草む…

  3. 瘤に似せて敢えて目立たないようにしているとしか思えません。このように翅を畳…

  4. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  5. ミヤコワスレをモノサシで計る

    『都忘れ』という花だ。寺の近くの池の畔、だれかが故人を偲んで…

  6. 寄り添う春

    2016年3月下旬撮影陽気に誘われて関川村鷹巣キャンプ場にや…

  7. ウスバシロチョウ

    雑記今日22日、右目の緑内障定期検診日。午前中に瞳孔を開く検査を終え…

  8. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。