鳥屋野潟は朱色潟

鳥屋野潟が日の出直前に見せてくれた朱色に染まる湖面です。5月17日午前4時ちょっと過ぎの光景でしょうか。

この日は最初からこの構図のまま水面をスローシャッターで撮っていましたが、徐々に夜が明けだしてきて、岸辺に暮らす水鳥達が動き始めてきました。

遠く近く、カモやカイツブリが右から左へと通過していくのを何気に眺めていて、そのシルエットを配して作画するのも良いんじゃないかなと・・・。

パシャリ、またパシャリとシャッターを押していたのですが、何故か私の頭の中はムーディ勝山の姿とあのフレーズが次第に大きく膨らんでいくのでした。

次第に膨らむその妄想・・受け流すわけにはいかなくなりました。

「右から左・・・」

遠くの水鳥達も・・何故か右から左(実際に水鳥の含まれるカットは全て左向き)。

あの人は今、何をしているのだろう・・・

いつも、あの髪型なんだろうか・・・

右から左・・左から右ではなかったか・・・

他にどんな持ちネタがあったっけ・・・

岸辺でカメラ構えて遠くを見つめていましたが、心の中は写真とは全く関係のないことを考えておりました。全ては右から左へと流れる水鳥のせい・・ではないけどね。

RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ツバメシジミ

緑の血潮

関連記事

  1. 根開け

    家によくやって来る野良猫がゴロゴロニャ~と鳴くようになった。今年も子作りの…

  2. ピロピロとマンサクの花

    午前中は台所で食器洗い、そして部屋の片付け、風呂の掃除。ここ…

  3. 雨雲がすだれて朱に染まる

    今朝の鳥屋野潟です。日の出が近づくにつれ、雲のエッジが際立っ…

  4. 秋風

     フィルム写真には“落とし穴”がある。その場で撮影状況を確認出来ない分だけ“…

  5. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  6. オレンジ潟

    前回写真の続きです。“桃色潟”から“オレンジ潟”へと切り替わりました…

  7. 街の音・鳥屋野潟

    空間を隙間無く埋め尽くす蝉の音の勢いがいきなり逸れた流れる風の向きが変わっ…

  8. 幸せの 黄色い ボンボン

    写真のお方はヤナギトラノオ。漢字で書くと『柳虎の尾』となるのだろうが、葉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。