鳥屋野潟は朱色潟

鳥屋野潟が日の出直前に見せてくれた朱色に染まる湖面です。5月17日午前4時ちょっと過ぎの光景でしょうか。

この日は最初からこの構図のまま水面をスローシャッターで撮っていましたが、徐々に夜が明けだしてきて、岸辺に暮らす水鳥達が動き始めてきました。

遠く近く、カモやカイツブリが右から左へと通過していくのを何気に眺めていて、そのシルエットを配して作画するのも良いんじゃないかなと・・・。

パシャリ、またパシャリとシャッターを押していたのですが、何故か私の頭の中はムーディ勝山の姿とあのフレーズが次第に大きく膨らんでいくのでした。

次第に膨らむその妄想・・受け流すわけにはいかなくなりました。

「右から左・・・」

遠くの水鳥達も・・何故か右から左(実際に水鳥の含まれるカットは全て左向き)。

あの人は今、何をしているのだろう・・・

いつも、あの髪型なんだろうか・・・

右から左・・左から右ではなかったか・・・

他にどんな持ちネタがあったっけ・・・

岸辺でカメラ構えて遠くを見つめていましたが、心の中は写真とは全く関係のないことを考えておりました。全ては右から左へと流れる水鳥のせい・・ではないけどね。

RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ツバメシジミ

緑の血潮

関連記事

  1. 不安な夜明け・鳥屋野潟

    4日、5時6分の鳥屋野潟。台風が接近している時の夜明けは、時…

  2. 円形広場

    Kodak T-MAX100 cosina voigtlander ultr…

  3. “出勤前の朝焼け撮影”今季最終コマ

    本題に入る前にちょっとした話です。知り合いが韓国滞在中にスマ…

  4. ネコの “爪”

    ネコヤナギの花芽が堅い殻を脱いで、膨らみ始めていました。なんだかんだで一週…

  5. ヒメジャノメ

    蝶には悪いが執拗に追いかけて撮った。いや、「追いかける」と言…

  6. なんじゃこりゃ!?

    白帯のビラビラ模様とその重なりが面白く、真上から狙ってみたキノコ。…

  7. 空も湖面も真っ赤か

    夜明けが近づいて、覆う雲が次第に薄れてきたとは言え、街の向こう、遠く見えるは…

  8. 主菓子

    目の覚めるような綺麗な苔で足を止めて見入ってしまった。午前中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。