ほんのりと赤ら顔の岩鏡

撮影の実際

山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました。

この時間帯がことのほか気に入っている。イワカガミがほんのりと赤ら顔に染まって見えてきた。「いよいよかな」「もうちょっと、明るくなるまで待とうかな」。

「赤ら顔・・?」・・そうなんです。もともとピンクな花びらが、朝の赤味がかった陽の光で、さらにそう見えてくるんですね。

行き倒れ男のように地面に伏して、シャッターを押そうか、押すまいか思案中。その私の背中が陽を受けて温まってきました。

目の前のイワカガミも同じように陽の光を享受していると思うと、なんだか親近感を覚えます。「やっぱし、朝陽は良いもんだね」と会話したくなるみたいな。

キビタキが新緑眩しい梢の中で盛んにさえずっています。遠くでツツドリの声。そんな野鳥たちの声する声に時たま集中が途切れそうになりました。

三脚が使えない

地面スレスレに雲台を持ってくる・・・まだ高すぎる。エレベーター脚が地面に当たり、もう下げられない。そんな時、みんなはどう対処しているんだろう。

地面に伏せて肘を立てる・・・でもこうすると肘の高さが気になってくる。私の場合、上着やタオルを丸めて地面とカメラの間に滑り込ませている。

カメラのホットシューには水準器を付けていて、おおよその水平を意識しながら、クッションとなったそいつに押しつけるようにしてシャッターを切っている。

今回の撮影場面でもそう。この状態でシャッタースピード1/60。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 4月30日撮影 新発田市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ふたりなひとり

水面の目覚め

関連記事

  1. 母校の桜を見上げてみた

    RVP100 Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3 胎内市…

  2. 冬のメジロ

    過去写真 初掲載休日は女房そっちのけで野鳥撮影に没頭していた頃の写真…

  3. 獣道脇にポツンと一輪

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  4. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最…

  5. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  6. 砂の惑星

    RICOH・GRⅢ石じゃなくて砂だね(コンクリートです)。寄せる波、…

  7. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  8. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。