春の三姉妹

 春先は一面のカタクリで文字通り足の踏み場もありませんが
小川沿いではフキノトウや私たちキクザキイチゲも咲いています。
 今日は朝から風が吹き、みんなで押しくらまんじゅうして寒さ
を凌いでいました。午後になりようやく暖かな陽が射してきて、
今は日光浴の最中です。
 関川村鷹巣キャンプ場 4月上旬 撮影年不明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

9月の太陽

冬想う 夏のヒマワリ

関連記事

  1. RICOH GRⅢx・冷たいコンテナヤード

    RICOH・GRⅢ「寒い」と言うより「冷たい」と感じたのは露出した首筋に…

  2. 山影蒼く・ノビタキ

     大きな川を隔てて蒼く沈んだ山肌は新発田市米倉の山々。野焼きの煙がほどよく地…

  3. 冬のエナガ

     立ち枯れした葦原にエナガの群れがやってきた。上空から覆い被さるようにドバ…

  4. 朽ちた煙突

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f…

  5. 残像

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  6. 体は白黒、ストローは黄色・ゴマダラチョウ

    昨年夏、エノキやコナラの高い所で飛び交っているのを見ていた。「持っているカ…

  7. 杉林の底は温いのだ・水芭蕉

    RICOH・GRⅢx枝葉が幾重にもなった杉林の底床は僅かに射し込む陽の光…

  8. ともしび

    暗く沈んだ朽ち葉を闇夜とみるなら、赤朽ち葉はともしびか。舞い落ちた葉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。