福島潟・水鏡

撮影の実際

到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフードを忘れてしまい、右手で横からの光を遮るようにして撮影している。4月23日の撮影。

26日に現像から出来てきたばかりのホヤホヤ写真・・と、言いたいが、デジタルな生活に慣れ親しんだ我々の世界ではチト遅かったかも知れないね。

霧はでなかった。朝焼けもサッパリ。ただ、雲が細切れで動いていて、湖面がそれを鏡みたいに映し出していたのでした。

遠く山裾あたりが霞んできましたが、此方にやって来る気配はありません。むしろ、大気が澄んでいくようでもありました。

数日間、荒れ狂った風で大気のチリというチリが掃き清められた感じでしょうか。

RVP100 Ai-Nikkor 50 f/1.2s NikonF5  福島潟

*これから先はマニアな世界に入ります。

ニコンな小話

NikonF5とAi-Nikkor 50 f/1.2s の組合せは露出補正が必要なんですね。

ファインダーを覗いてインジケーターが ±0 なら普通は「適正露出値」を示す。けれど、この取り合わせだと0.5段の露出オーバーになるんだな。

オイラの場合、F5のファインダースクリーンを標準装備のEC-Bから全面マットのBスクリーンに取り替えている。この場合もそうしないと適正露出は得られない。

他のマニュアルレンズではAi-Nikkor 35 f/1.4s がこれに当てはまる。ここまではスクリーンの取説に小っちゃく載っている。噂によるとAi-Nikkor 85 f/1.4s もそうらしい。

そう考えるとAi-sタイプ大口径レンズという共通点が浮かび上がってくる。NikonF5 のファインダーDP-30 では明るすぎるって事なのかなぁ。

この種のレンズだけ使うのであれば予めNikonF5 の本体に組み込まれたプログラムを呼び出して-0.5 の補正を加えておけば他のマニュアルレンズと同じ取り扱いでいい。

ところが、他のマニュアルレンズと一緒に使う場合、つまりオイラがそれに当てはまるんだが、これが、ややっこしい。

「Ai-Nikkor 50 f/1.2s を使っている!」と、絶えず自分に言い聞かせないといけない。そうしないと、いつの間にか、他のレンズ同様の扱いになっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

黄金色の朝

柔らかな光

関連記事

  1. 秋色 枯草色

    20日の福島潟。土手を覆う草むらの中を覗いてみると、トンボや…

  2. ん?・・

    丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地…

  3. イトトンボ・最後の1枚

     最後の最後で一番良い光が入ってきて、トンボの目玉が浮かび上がった。背中の筋…

  4. 切ないタカアザミ

    タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒く…

  5. 水草覆う福島潟

    湖面の所々にコウホネの群落が出来上がってきました。その間を埋めるようにヒシ…

  6. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

  7. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  8. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

コメント

  1. こんばんは。この日、この1時間近く前に似たようなアングルから同じ画角で1枚だけ撮りました。
    4時20分ころです。短い時間でしたが地表近くが真っ赤になりました。
    対比が面白いので明日にでもアップロードしてみます。

    • こんばんは。
       そうなんですよね。私が到着した時は「真っ赤な状態」が薄れてしまっていました。
      甘くみていたな・・なんて、情けない気持ちで実は三脚をセットしてました。
      今でも、「もったいないことしたな~」と感じているんです。実は・・のはなし。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。