バカマ の うなじ

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  3月25日撮影

川面を背景にショウジョウバカマの“うなじ”を撮ってみました。

輝く川の流れは一様でなく、絶えず表情を変えるので見ていて飽きません(川面だけ見続けてると気持ち悪くなりますけどね)。

ショウジョウバカマを後ろから見るなんて考えつかなかったな。

後ろから見る・・なにか盗み見ているような感じで本心じゃない(ホントは本心)。

“うなじ”に自然とピントを合わせてしまうのは、その姿を女性の後ろ姿とシンクロさせて見ていたからに他なりませんし。

撮影時は、この高さのまま次第に右側へ回り込んで撮影しています。

川面に映る太陽のキラキラをなんとか画面に入れようと考えた。

ショウジョウバカマの右側のスペースに一段と輝く川面を配置したい・・そう考えての事でしたが、スリーブをチェックしてみたら、単に平坦で均一な明るさが広がっているばかりで、落胆しました。

掲載写真は、唯一背景色が少しは色が乗ってたカット。

陽が雲間に翳った時でしょうか。絞り5.6、1/250、新発田市・滝沢で撮影。

つい一週間前に訪ねたときはショウジョウバカマは葉っぱだけ。それが、所々で淡い桜色の花を咲かせているんですね。

季節の移ろいは想像以上に速い。

どの花も線香花火みたいにパッと飛び散るほどの勢いを感じます。

姿、形がそっくりなせいもありますが、見方によっては一瞬の春を逃すまいとする執念めいた力強さが漲っているようにも思えてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

福島潟の夢

落ち葉布団

関連記事

  1. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  2. スミレの「しぇ~っ!」

    2015年4月19日(日)撮影 前回の写真の続きです。これも滝沢での撮影です…

  3. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  4. 気まぐれな黄連雀

    「ヤドリギの実を好む」とどこかの本に書いてあったが、これまでヤドリギにやって…

  5. キジの横睨み

     以前に掲載したオスのキジと同じ個体だろうか。ほぼ同じ場所で見かけ,ホロ打ち…

  6. スコップの背中

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面…

  7. 秋溜まり

    葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?よく分からない…

  8. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。