バカマ の うなじ

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  3月25日撮影

川面を背景にショウジョウバカマの“うなじ”を撮ってみました。

輝く川の流れは一様でなく、絶えず表情を変えるので見ていて飽きません(川面だけ見続けてると気持ち悪くなりますけどね)。

ショウジョウバカマを後ろから見るなんて考えつかなかったな。

後ろから見る・・なにか盗み見ているような感じで本心じゃない(ホントは本心)。

“うなじ”に自然とピントを合わせてしまうのは、その姿を女性の後ろ姿とシンクロさせて見ていたからに他なりませんし。

撮影時は、この高さのまま次第に右側へ回り込んで撮影しています。

川面に映る太陽のキラキラをなんとか画面に入れようと考えた。

ショウジョウバカマの右側のスペースに一段と輝く川面を配置したい・・そう考えての事でしたが、スリーブをチェックしてみたら、単に平坦で均一な明るさが広がっているばかりで、落胆しました。

掲載写真は、唯一背景色が少しは色が乗ってたカット。

陽が雲間に翳った時でしょうか。絞り5.6、1/250、新発田市・滝沢で撮影。

つい一週間前に訪ねたときはショウジョウバカマは葉っぱだけ。それが、所々で淡い桜色の花を咲かせているんですね。

季節の移ろいは想像以上に速い。

どの花も線香花火みたいにパッと飛び散るほどの勢いを感じます。

姿、形がそっくりなせいもありますが、見方によっては一瞬の春を逃すまいとする執念めいた力強さが漲っているようにも思えてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

福島潟の夢

落ち葉布団

関連記事

  1. キジ メス

    過去写真 初掲載 カメラ担いで畑の中を歩いていたら、突然、キジの雌が頭をあげ…

  2. 待合室の中でバスを待つ葛さん

    Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 24f/2.8s Niko…

  3. 鉄の顔

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  4. 冬のエナガ

     立ち枯れした葦原にエナガの群れがやってきた。上空から覆い被さるようにドバ…

  5. 結界を見上げる・金峰神社

    RICOH・GRⅢx胎内市蔵王地区にある金峰神社。鳥居脇の大木、…

  6. 都忘れ/miyako wasure

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  7. 雪舞う杉木立

    寺の境内に脚を踏み入れた途端、一陣の風が吹いて、枝葉にまとわりついた…

  8. 干し鮭

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF3ク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。