めおと蕗

本日25日、子どもの拳大のふきのとうが気になって、撮影場所の新発田市・滝沢へ出掛けてみたら、その場所は空っぽ。

『蕗と苔』のモデルさんも根元からきれいにポッキリ。辺りを探し回って、ようやく葉っぱの影に二つほど見つけたのみ。

つまり撮影時に目にしていたふきのとうは全て採られてしまっていた。

「あんなデカい奴、食べる人なんかいないだろう」と踏んでいたが・・。採る人がいたとはな・・・。甘い見立てであった。残念。

あの萌え萌えしたふきのとうが人様の胃袋の中に入ってしまったのと、“モデルの彼女”がもはやこの世に存在しない永遠の人になっちまったという二つの事実になんだか物淋しい想いがこみ上げてきたのでした。

撮影後に採っちまって、食べてしまえば良かった・・と、思っている。

今回掲載したふきのとうは『蕗と苔』と一緒に撮影していたもの。

“二人”寄り添うように並んでいたから『めおと蕗』と題しただけだが、互いがそっぽ向いているので、どちらを正面にしようか悩みました。
悩んだ挙げ句、両方、つまりこちら側とあちら側とで撮影しています。

写真は半逆光の位置から。こうすると葉っぱが瑞々しく見えます。影の部分を極力無くそうと左サイドからレフで光を回しています。

左のふきのとうの腹部が変に明るいのはその影響なんですね。露出もカメラの出目数値以上にかけているのがわかると思います。

RVP100 AI Micro-Nikkor55 f/2.8s NikonF5  3月19日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蕗と苔

福島潟の夢

関連記事

  1. 白花カタクリ

    2016年4月上旬撮影 偶然見つけたのが3年前。以来、春が来れば気になる白花…

  2. 遅れてきた夏・コムラサキ

    梢の高い所で樹液の残り汁を指を咥えて「私にも吸わせて!」とせがんでいた姿が目…

  3. 蓮 夏の朝

     夏の瓢湖は蓮のピンクが緑の葉に映えて美しい。遠く蒼い五頭(ごず)連峰の真上…

  4. 水芭蕉

    杉木立の中、林床の枝葉の隙間から顔を出した水芭蕉。どれも小ぶりでシミひとつな…

  5. 好きなレンズでカタクリを撮る

    カタクリの花茎部分に的を絞って撮影してみました。と、説明すれば「何か明確な…

  6. トリバガとトリバゴ

    これ、蛾。トリバガの仲間なんだそうだ。どっかで聞いた…

  7. 全面結氷した当時

    最強寒波です。この3日間は久しぶりに目を開けていられないほどの吹雪を体感し…

  8. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。