山茶花・枯れ姿

12日早朝、近くの公園で山茶花の枯れ姿を撮影してみました。カメラを持つと、無意識のうちに新鮮な花ばかり探している自分がいる。

実際は花の時期を終えて、醜く汚れて廃れていく花々も目に入っているのに、敢えてそれを避けて、見ようとしない自分がいるんだな。

美しい花は汚れを知らず、瑞々しい・・なんていう方程式が自分の成長過程のどの段階で、どう出来上がっていったのだろうか。

このままではものの本質を見失っていくようで、今一度立ち止まってみた。

鳥屋野潟公園とスポーツ公園の境目にある山茶花を撮った。撮影日前日の土曜日に一度散歩を兼ねて下見している。

この際に花を一つ一つ丁寧にチェックしたつもりでいたが、当日になってから、撮りたい相手を変えている。

光周りでずいぶんと姿が変わって見えるんだな。朝の光の中でこの花は控えめだった。静かに人知れず朽ちて行く前の姿ですが、ファインダー越しにピントを合わせていくと、ムム、ムムム、ときたんだな。

「私もかつては、ちょっとは綺麗でしたのよ」

オイラの勝手な妄想が止めどなく頭に浮かんで、どんどん発展していく。そう思うと、このまま見過ごしてしまうのはもったいないような気がして、背景も侘び色に見えることだし、ちょうどいいやとばかり撮影したのだった。

余談になるが、撮影中に一人の男性が通りすがりに話しかけてきた。カメラを持って歩く私をよく見かけると言うが、此方は全く記憶にない。

傍らであれやこれやと話し始めたので、撮影に集中できなくなってしまった。

「花も良いが、俺はやっぱり女の裸が一番だな」。
いろいろ喋って行っちまったが、この言葉だけ妙に頭に引っ掛かっている。

 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 3月12日早朝撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ニホンカモシカ

蕗と苔

関連記事

  1. ウマノスズクサは生きていた

    夏場、ジャコウアゲハの産卵シーンを偶然目撃し、携帯のカメラで記録して後で…

  2. 一人の時間 川の流れ

    雪の積もった階段。そのフォルムは川の流れと感じた。とうに夜が明けて遠くから…

  3. 北風と春陽

    陽の光が気になり出してきた。日の出時刻はいつの間にか6時半前…

  4. 鳥屋野潟・水上花火

    梅雨の中休みに現れる朝焼けはかなりダイナミックと個人的には思っている…

  5. カツラの若葉

    2015年4月19日(日)撮影 日の出撮影後、そのまま鳥屋野潟公園へ直行です…

  6. 黄色い夜明け

    先ほど会社から帰ってきた。14時間は会社にいた。それでいて土日も仕事だから…

  7. 雨雲がすだれて朱に染まる

    今朝の鳥屋野潟です。日の出が近づくにつれ、雲のエッジが際立っ…

  8. 夜の終わり/鳥屋野潟

    依頼してから、なか一日でリバーサルフィルムの現像が出来上がった。早速受取に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。