ニホンカモシカ

春がやって来て、カタクリが咲き出す時期になると思い出してしまう。20数年前、関川村鷹巣キャンプ場で偶然に鉢合わせした。

撮ることは出来たが、あのなんだか泣きそうな顔つきは今でも忘れられない。

彼はせっせと前脚で足元の地面を掘り起こし、カタクリの根を食べて いたが、予期せぬ人間が目の前に現れて面食らったのかな。

それとも、とっくに私という存在を認めていて彼なりに圏界を維持したまま、ギリギリまでむさぼり食べていたけど、「もう限界!」と、顔を上げたか?

どっちにせよ食事の邪魔をしたみたいで、ひどく申し訳ない気持ちになった。

これから程なくして写真を去ってしまっていたが、数年ぶりに戻ってみると偶然にもカモシカのあの独特な足跡を雪面に認めたのでした。

その時は、紡ぐ命の尊さに小躍りするぐらいうれしい気持ちになった。

そして昨年カタクリの時期に再びやって来て、地に伏せて写真を撮っていた時、“もののけ”を感じて辺りを見渡すと、カタクリ山のてっぺんに彼がいたんだな。

じっとして、首をちょっと傾げて、此方を見下ろしていた。

おそらくはあの時の彼ではないでしょうが、懐かしいさがこみ上げてきました。泣き出しそうな顔つき・・・あの時見た光景と一緒だ・・・と。

大きさからして、一回り小さいです。彼の子孫でしょうか。たぶんそうかな。確証なんかひとつもないけど、どうしてもそう関連付けてしまう立ち姿でした。

もうじき、カタクリが咲き出します。あの子どもに会えると良いのだが。

 RVP100  80-200 zoomLens f/2.8 D  NikonF5  関川村にて
*横位置カットは今回初掲載。ポジの保存状態は良好と言える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いにしえの開拓者

山茶花・枯れ姿

関連記事

  1. 鳥居と大コブシ

    春、花が咲いたら撮ろうかな・・三度ほど下見に来てて、「ヨッシャ~、今…

  2. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

  3. 春色バカマ

    里山の斜面に自生するショウジョウバカマを撮ってみました。毎年同じポイントで…

  4. 水鏡

    時間がピタッと止まって、微かな音さえ聞こえない1羽のカモが水を飲もう…

  5. ホタテなキノコ

    これって、ナニ?ホタテ貝を朽ちた木の根元にブスッと刺したみたいなヤツ。色…

  6. 鷺の舞

    夜明けの山陰は蒼く沈んだまま。視線を足元に、雨溜を避けて歩き…

  7. 手水舎の柄杓

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3手水…

  8. 角田山のイカリソウ

     角田山、灯台コース上で撮影。GW期間中に家族で登山。このコースは海抜0メー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。