ニホンカモシカ

春がやって来て、カタクリが咲き出す時期になると思い出してしまう。20数年前、関川村鷹巣キャンプ場で偶然に鉢合わせした。

撮ることは出来たが、あのなんだか泣きそうな顔つきは今でも忘れられない。

彼はせっせと前脚で足元の地面を掘り起こし、カタクリの根を食べて いたが、予期せぬ人間が目の前に現れて面食らったのかな。

それとも、とっくに私という存在を認めていて彼なりに圏界を維持したまま、ギリギリまでむさぼり食べていたけど、「もう限界!」と、顔を上げたか?

どっちにせよ食事の邪魔をしたみたいで、ひどく申し訳ない気持ちになった。

これから程なくして写真を去ってしまっていたが、数年ぶりに戻ってみると偶然にもカモシカのあの独特な足跡を雪面に認めたのでした。

その時は、紡ぐ命の尊さに小躍りするぐらいうれしい気持ちになった。

そして昨年カタクリの時期に再びやって来て、地に伏せて写真を撮っていた時、“もののけ”を感じて辺りを見渡すと、カタクリ山のてっぺんに彼がいたんだな。

じっとして、首をちょっと傾げて、此方を見下ろしていた。

おそらくはあの時の彼ではないでしょうが、懐かしいさがこみ上げてきました。泣き出しそうな顔つき・・・あの時見た光景と一緒だ・・・と。

大きさからして、一回り小さいです。彼の子孫でしょうか。たぶんそうかな。確証なんかひとつもないけど、どうしてもそう関連付けてしまう立ち姿でした。

もうじき、カタクリが咲き出します。あの子どもに会えると良いのだが。

 RVP100  80-200 zoomLens f/2.8 D  NikonF5  関川村にて
*横位置カットは今回初掲載。ポジの保存状態は良好と言える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いにしえの開拓者

山茶花・枯れ姿

関連記事

  1. 大きめのフキノトウ

    2014年4月 関川村キャンプ場 大地に春の訪れを告げてくれたフキノトウ。様…

  2. ラッシュ

     今日9日は振り替え休日で早朝は福島潟へ行ってきた。予報では確実な晴れで、…

  3. ハルニレのカブトムシ

    ハルニレの樹液をむさぼるカブトムシの♂。午前9時を過ぎ…

  4. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  5. 紋のある白い蝶

    前回『身近な虫たちの華麗な生きかた』(ちくま文庫)をFacebook上で…

  6. 都を忘れてしまう花が咲いた

    RICOH・GRⅢx佐渡に島流しされた順徳天皇がこの花をながめ、都を忘れ…

  7. トリバガとトリバゴ

    これ、蛾。トリバガの仲間なんだそうだ。どっかで聞いた…

  8. 花畑の一本道

    胎内市・長池の森公園、チューリプ畑に隣接した菜の花。昔は国道11…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。