ニホンカモシカ

春がやって来て、カタクリが咲き出す時期になると思い出してしまう。20数年前、関川村鷹巣キャンプ場で偶然に鉢合わせした。

撮ることは出来たが、あのなんだか泣きそうな顔つきは今でも忘れられない。

彼はせっせと前脚で足元の地面を掘り起こし、カタクリの根を食べて いたが、予期せぬ人間が目の前に現れて面食らったのかな。

それとも、とっくに私という存在を認めていて彼なりに圏界を維持したまま、ギリギリまでむさぼり食べていたけど、「もう限界!」と、顔を上げたか?

どっちにせよ食事の邪魔をしたみたいで、ひどく申し訳ない気持ちになった。

これから程なくして写真を去ってしまっていたが、数年ぶりに戻ってみると偶然にもカモシカのあの独特な足跡を雪面に認めたのでした。

その時は、紡ぐ命の尊さに小躍りするぐらいうれしい気持ちになった。

そして昨年カタクリの時期に再びやって来て、地に伏せて写真を撮っていた時、“もののけ”を感じて辺りを見渡すと、カタクリ山のてっぺんに彼がいたんだな。

じっとして、首をちょっと傾げて、此方を見下ろしていた。

おそらくはあの時の彼ではないでしょうが、懐かしいさがこみ上げてきました。泣き出しそうな顔つき・・・あの時見た光景と一緒だ・・・と。

大きさからして、一回り小さいです。彼の子孫でしょうか。たぶんそうかな。確証なんかひとつもないけど、どうしてもそう関連付けてしまう立ち姿でした。

もうじき、カタクリが咲き出します。あの子どもに会えると良いのだが。

 RVP100  80-200 zoomLens f/2.8 D  NikonF5  関川村にて
*横位置カットは今回初掲載。ポジの保存状態は良好と言える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いにしえの開拓者

山茶花・枯れ姿

関連記事

  1. ムラサキツユクサの花弁でお休み中・ヤマトシジミ

    クソ暑い日が続き、些細なことにまでイライラしていたが、こうも続くとそ…

  2. 散りゆくまえに

     雨上がりの林の中、鮮やかに紅葉した葉を見つけた。山際の斜面で、ひときわ輝い…

  3. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  4. 桜の花

    本日21日は会社で健康診断。平日は業務の都合で人が集まらない。休日なら休み…

  5. 赤と白の長靴

    RVP100 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED NikonF3…

  6. 意地悪なジャノメチョウ

    こんな意地悪な蝶は見たことない。みんな、根性がねじ曲がっている。私が彼らの…

  7. 春が来た・バンザ~イ!

    RICOH・GRⅢそんなに太陽の陽が欲しいんか?葉っぱ まだ伸びきって…

  8. ふるさとの海

    日本海に沈む太陽。ふるさとの海。東京に出て、白い砂浜でないの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。