福島潟は霧のなか

今日27日、市内は午後から暖かな陽射しが降り注いでいました。

県庁の近くで研修会があり、そのまま“直帰”し、着替えると直ぐに鳥屋野潟公園までウオーキングしてきました。1時間近く早歩きで。

午後の四時台です。チョイ早い帰宅で何だか後ろめたさが少しはあったが、春を思わせるような陽の光や傾いた西陽を浴びているうち、そんな縛りは何処かへ吹っ飛んでしまい、自然とニコニコしながら歩いていたのでした。

たぶん、春を身近に感じていたからなんだろうな・・と、思っています。

写真は数年前に当ブログで掲載したもの。おそらくは誰も見てはいない。

だとしたら、改めて再掲載してもいいんじゃない・・と、結論づけた。

放射冷却で霧が盛大に沸きだして、遠く山裾は姿を没し、陽の光さえも一時はサーチライトのように見えたものです。その後、ようやく薄れだして目の前の光景が徐々に浮かび上がってきたところで、シャッターを押した。

“二つの太陽”が画面から外れないうちにと、撮影場所を頻繁に変えながらの撮影でしたが、頭上から降り注ぐヒバリのさえずりも妙に記憶している。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF5   2015年3月撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

春霞

マンサク花火

関連記事

  1. 藤色の夜明け

    『藤色の夜明け』と題しましたが、辺りは少し暗く、くすんだ蒼が広がっていた。…

  2. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って湖畔…

  3. 夜明け後の小舟

    『夜明けの小舟』に次ぐ『夜明け後の小舟』。わずか数十分経過しただけで雰囲気…

  4. 嵐の予感

    低く垂れ込めた雨雲が足早に上空を通り過ぎていく。通り過ぎては…

  5. 笑顔の ぼっくい君

    2013年10月27日、4時前に福島潟到着。夜空に冬の大三角がクッキ…

  6. ハンノキ赤く染まれ~!

    2015年5月6日(水)撮影。4時福島潟着。日の出時…

  7. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院…

  8. 燃えない山の端

    既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、遠く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。