霜花

昨日は多くの方から励ましのコメントやメッセージを頂き、有り難うございました。

じっくり養生して体力の回復を図ります。

さて、掲載写真ですが、これはタカアザミの枯れ花です。

全体の三分の一ぐらいが雪に埋まっている状態で、花垂れの部分だけが凍てつく大気に晒されていたのですが、「枯れた姿もいいんじゃない?」と、朝日が当たり始めた頃合いを見計らって撮影してみました。

生きていた間は蝶やら昆虫やら様々な生き物で着飾っていた花達も役目を終えたいま、朽ち枯れて、大地の肥やしに戻っていく訳ですね。

その枯れ姿に魅せられた感覚・・なんと言えばいいのかな・・・

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5  1月29日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

閉ざす冬潟

朝陽沸く

関連記事

  1. 朝陽差す

    日の出前、急激に気温が下がり、湖面には湯気。その湯気の向こう…

  2. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  3. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  4. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  5. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  6. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

  7. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  8. 1時間と5分

    レンズはマニュアル、露出値もマニュアル、記憶媒体はフィルム、トリミングもしな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。