霜花

昨日は多くの方から励ましのコメントやメッセージを頂き、有り難うございました。

じっくり養生して体力の回復を図ります。

さて、掲載写真ですが、これはタカアザミの枯れ花です。

全体の三分の一ぐらいが雪に埋まっている状態で、花垂れの部分だけが凍てつく大気に晒されていたのですが、「枯れた姿もいいんじゃない?」と、朝日が当たり始めた頃合いを見計らって撮影してみました。

生きていた間は蝶やら昆虫やら様々な生き物で着飾っていた花達も役目を終えたいま、朽ち枯れて、大地の肥やしに戻っていく訳ですね。

その枯れ姿に魅せられた感覚・・なんと言えばいいのかな・・・

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5  1月29日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

閉ざす冬潟

朝陽沸く

関連記事

  1. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら、激し…

  2. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影 10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸びてし…

  3. ん?・・

     背丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地を背…

  4. 福島潟の夢

    ~在庫写真から~2014年12月9日撮影RVP100 AI Micro-N…

  5. 泡沫の流れ

    池の水面に雪が降り続き、次第に白濁しシャーベット状となって、いよいよ…

  6. 赤の福島潟

    久しぶりの2連休で、撮影のことだけしか頭になかったが、秋の地雨でしょ…

  7. 憂鬱な朝焼け

    なんてタイミングが悪いんだろう。それまで前兆さえなかった便意が、これまた予…

  8. これもカマキリの卵なの?

     樹液がドロドロと流れ出て、寒風に晒され固まった?福島潟周辺のハンノキで見か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。