河氷に舟浮いて

“沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな、と調べてみたが、探し方が悪いのか熱意が足りないのか、なかなか出てこない。

そのかわりに“河氷”もしくは“川氷”という呼び名がある事をこの歳になって初めて知った。いずれも“かわごおり”と読むのだそうだ。

湖面や川が結氷した様子を表しているのだが、言葉にすると響きや余韻に情緒があって、音読みに比べ敬いの念を感じる。・・・これって言葉には魂が宿る・・あの大和言葉なのかな・・なんて勝手に想像してしまいます。

22日早朝、晴れてくれた。暗いうちから待っていたのは言うまでもありません。

岸辺のこちら側が薄く結氷していて「静かな夜明けだ」なんて思っていたらすぐ近くで「ゴワッ」「ギ~ッ」・・ヘンテコな音が聞こえてきました。何だ?今の・・と辺りを見渡しても誰もいません。そのうちまた音、音。

しばらく耳を澄ましていてようやく心得ました。氷の動く音だったのですね。

山の端が久しぶりに赤く色付いてきましたが、こちらの岸辺はまだ影の中。

舟や雪の表情が読み取れる明るさと朝焼けの赤が潰れないギリギリの時刻を意識しながら待ち続け、パシャリとやったのがご覧の写真になります。

この後、潟の奧から水が氷の上を舐めるように押し寄せてきましたが、併せて雪もちらつき始め、やがて山の端も白いベールの中に入り込んで、少しずつ形が崩れ、終いには何も見えなくなってしまいました。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5 1月22日撮影 福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

餅雪

ああ・・ 無情・・

関連記事

  1. 犬蓼に紋黄蝶

    イヌタデにとまったモンキチョウ。イヌタデは色褪せ枯れかかって、ピンクの色素が…

  2. 蒼の福島潟

    夜が明けていく  朝の始まりは蒼一色静かな福島潟が広がってい…

  3. 夜明けの木

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3福島…

  4. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  5. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

  6. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

  7. 静かな岸辺

     5時過ぎの福島潟です。湖畔に立つが誰もいません。正面の岸辺には桟橋、そして…

  8. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。