河氷に舟浮いて

“沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな、と調べてみたが、探し方が悪いのか熱意が足りないのか、なかなか出てこない。

そのかわりに“河氷”もしくは“川氷”という呼び名がある事をこの歳になって初めて知った。いずれも“かわごおり”と読むのだそうだ。

湖面や川が結氷した様子を表しているのだが、言葉にすると響きや余韻に情緒があって、音読みに比べ敬いの念を感じる。・・・これって言葉には魂が宿る・・あの大和言葉なのかな・・なんて勝手に想像してしまいます。

22日早朝、晴れてくれた。暗いうちから待っていたのは言うまでもありません。

岸辺のこちら側が薄く結氷していて「静かな夜明けだ」なんて思っていたらすぐ近くで「ゴワッ」「ギ~ッ」・・ヘンテコな音が聞こえてきました。何だ?今の・・と辺りを見渡しても誰もいません。そのうちまた音、音。

しばらく耳を澄ましていてようやく心得ました。氷の動く音だったのですね。

山の端が久しぶりに赤く色付いてきましたが、こちらの岸辺はまだ影の中。

舟や雪の表情が読み取れる明るさと朝焼けの赤が潰れないギリギリの時刻を意識しながら待ち続け、パシャリとやったのがご覧の写真になります。

この後、潟の奧から水が氷の上を舐めるように押し寄せてきましたが、併せて雪もちらつき始め、やがて山の端も白いベールの中に入り込んで、少しずつ形が崩れ、終いには何も見えなくなってしまいました。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5 1月22日撮影 福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

餅雪

ああ・・ 無情・・

関連記事

  1. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  2. 期日前投票の朝 

     本日代休。福島潟5時15分着。頭上にシリウスと双子座付近に、あれは惑星の木…

  3. 夏草の中

    セスジイトトンボでしょうか、空中ですれ違いざま、雄が雌を捕まえる瞬間に出…

  4. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

  5. 露の花

    女房や娘にボクの撮った写真を見せると「おとなしい」「動きがない」「ワ…

  6. 桃色雲

     コウホネを覆い尽くす勢いで広がったヒシは弱まる気配がなく、湖面の向こう側へ…

  7. 染まれ~ もっと染まれ~!

    ふきのとうが顔を出し始める春先の夜明けは、山の端が茜色に染まります。…

  8. 金平糖

    “金平糖”をイメージしてみた。この花玉なんかいいんじゃないかな。背景も花の輪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。