香り漂うロウバイの花

1月8日に撮影したロウバイの花です。

休み前に現像が上がってきましたが、13日夜からしんしんと降りだす雪、翌朝は静かな外の気配に「もしや・・」と感じつつ窓を開けたら別世界。

写真とは似つかわしくなく、掲載するのに躊躇する状況になってしまいました。それで、ほったらかしでいたのですが、今日、ちょっと気が変わりました。

風雪の中でもロウバイの林はほのかな香りに包まれていたのです。

強烈なf吹雪で風上に顔を向けられず、思わず身体を丸めてしまいましたが、ロウバイの香りの塊が、あちらこちら止めどもなく沸きだしていたんですね。

これには驚きました。まるで「真冬の寒さに負けてたまるか」みたいな勢いで風や雪や冷たい空気に対抗しているみたいに、気合いが入った香りでした。

そんなこと思うと、このままボツにするのもあれだな・・と。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 鳥屋野潟公園

*この撮影の翌日、雨の中でも同じカットで撮影している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟・Gradation

湖上の白鳥

関連記事

  1. 松ぼっくり

    子供が松ぼっくりを拾い集めて、石の上に並べて遊んでいた。母親に断ってその並…

  2. 鳥屋野潟・ジェット

    8月4日に撮影している。風を感じました。あの台風がまだ九州の南海上にあって…

  3. 落ち葉のカタチ

    葉っぱのカタチ・・何に見えるかな?葉っぱの持ち主は?雪面に落ちた…

  4. 冷たい青

    雪の積もった階段を斜め上から撮ってみました。段差のエッジライ…

  5. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

  6. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

  7. 夜の終わり/鳥屋野潟

    依頼してから、なか一日でリバーサルフィルムの現像が出来上がった。早速受取に…

  8. 泡沫の“海岸線”

    岸辺近く水面に薄く張り付いた氷。波で水面が揺らいで白く輝いたり、消え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。