香り漂うロウバイの花

1月8日に撮影したロウバイの花です。

休み前に現像が上がってきましたが、13日夜からしんしんと降りだす雪、翌朝は静かな外の気配に「もしや・・」と感じつつ窓を開けたら別世界。

写真とは似つかわしくなく、掲載するのに躊躇する状況になってしまいました。それで、ほったらかしでいたのですが、今日、ちょっと気が変わりました。

風雪の中でもロウバイの林はほのかな香りに包まれていたのです。

強烈なf吹雪で風上に顔を向けられず、思わず身体を丸めてしまいましたが、ロウバイの香りの塊が、あちらこちら止めどもなく沸きだしていたんですね。

これには驚きました。まるで「真冬の寒さに負けてたまるか」みたいな勢いで風や雪や冷たい空気に対抗しているみたいに、気合いが入った香りでした。

そんなこと思うと、このままボツにするのもあれだな・・と。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 鳥屋野潟公園

*この撮影の翌日、雨の中でも同じカットで撮影している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟・Gradation

湖上の白鳥

関連記事

  1. 黄色い夜明け

    先ほど会社から帰ってきた。14時間は会社にいた。それでいて土日も仕事…

  2. 葉痕・オニグルミ

    Facebookに先日投稿した【オニグルミ・猿顔】のモノクロバージョ…

  3. 雨に光るホトケノザ

    新潟市・鳥屋野潟公園本日4日は目の定期検診日。極度の…

  4. 嵐の予感・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ身内の許しを頂いたこと、現像時、水洗いの水温調整に目途…

  5. 菖蒲(あやめ)

    2015年5月10日(日)撮影 鳥屋野潟公園 ”流れ“の小路沿いの菖蒲(あや…

  6. ちぎれ雲 早く来い!

    日曜日、上沼橋4時10分着。最近、疲れたのか起きられなくなっ…

  7. 霧に隠れる鳥屋野潟

    昨日は「夏越の祓」。1年の半分が過ぎ、肉体や精神に溜まったデットックスを洗…

  8. 水面の目覚め

    撮影の実際穏やかな水面に朝焼けが映えて、魅せられてしまいました。目を凝ら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。