香り漂うロウバイの花

1月8日に撮影したロウバイの花です。

休み前に現像が上がってきましたが、13日夜からしんしんと降りだす雪、翌朝は静かな外の気配に「もしや・・」と感じつつ窓を開けたら別世界。

写真とは似つかわしくなく、掲載するのに躊躇する状況になってしまいました。それで、ほったらかしでいたのですが、今日、ちょっと気が変わりました。

風雪の中でもロウバイの林はほのかな香りに包まれていたのです。

強烈なf吹雪で風上に顔を向けられず、思わず身体を丸めてしまいましたが、ロウバイの香りの塊が、あちらこちら止めどもなく沸きだしていたんですね。

これには驚きました。まるで「真冬の寒さに負けてたまるか」みたいな勢いで風や雪や冷たい空気に対抗しているみたいに、気合いが入った香りでした。

そんなこと思うと、このままボツにするのもあれだな・・と。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 鳥屋野潟公園

*この撮影の翌日、雨の中でも同じカットで撮影している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟・Gradation

湖上の白鳥

関連記事

  1. みんな霧のなか

    冬場は夕食時、鍋になる時が実に多い。昨日は“豚だし鍋”だった…

  2. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

  3. 半ベソかいた鳥屋野潟

    デジカメやスマホは死ぬまで手にしない・・と、かなりの確率で思っていたが、フィ…

  4. イシミカワの実

    2015年9月22日(祝)撮影「かわいい!」と近づき、ツルを…

  5. 夜明け前

    2015年9月下旬撮影/鳥屋野潟・上沼橋から 掲載写真は真北の方向で、遠く見…

  6. 露の蝶

     セイタカアワダチソウの花序にとまったモンシロチョウ。晴れて、気温が下がった…

  7. 燃える水面

    今朝の鳥屋野潟は戸惑いましたぁ~。地上近くに雲の帯が真北から東にかけ、…

  8. 萌える

    2016年4月10日(日)撮影 桜は眺め、その美しさに感嘆するが、撮るとなる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。