霜そして陽の光

 平地でも早朝、霜が降りているのを見かけるようになった。
撮影中、体が冷えてきて、足踏みすると、大体はザクッ、ザクッ
という土音に変わっているから、暗がりの中でも、予想はつく。
それで、夜が明けるにつれ、白の大地が浮かび上がってくると、
より一層寒さや、冷たさを感じてブルブルなってしまいます。
 そんな時は太陽の陽の光が、ことのほか嬉しいもんです。
山の端から光の束がゴ~ッとやってきて、霜を溶かしていく。
這いつくばってながめていると、小っちゃな音がするんだな。
プチッ、サッ、・・・寒さに身を屈めていた葉っぱのお目覚めか。
それとも、本格的な冬の到来まえの屈伸運動なのでしょうか。
 その葉の中に老い葉が1枚、抱かれたように横たわっています。
死せる葉にも、生きる葉にも陽の光が降り注いできました。
 RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5  11月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

寒くないの~?

花になれ

関連記事

  1. 草むらの中

    新潟市・福島潟 草むらを進むその一歩が葉陰の彼らを追い払っているようで立ち止…

  2. 木舟

    2015年10月12日(祝) 撮影  太陽を画面に取り込んで作画するのが好き…

  3. 氷の侵食

    真夜中の星の輝きに期待し5時福島潟。まだ、星が見える。…

  4. 夜明け色・福島潟

    RICOH・GRⅢxなんでもRICOH・GRシリーズの宣伝文句には“都市…

  5. 霜花

    昨日は多くの方から励ましのコメントやメッセージを頂き、有り難うござい…

  6. トンボと水団子

    新潟市・福島潟  雨上がりの池の畔、草むらから突き出た枯草にトンボがとまった…

  7. 福島潟・夏の想い

    新潟市・福島潟 夏の福島潟はコウホネ、ヒシなど水草が湖面を覆い尽くす勢いがあ…

  8. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。