霜そして陽の光

 平地でも早朝、霜が降りているのを見かけるようになった。
撮影中、体が冷えてきて、足踏みすると、大体はザクッ、ザクッ
という土音に変わっているから、暗がりの中でも、予想はつく。
それで、夜が明けるにつれ、白の大地が浮かび上がってくると、
より一層寒さや、冷たさを感じてブルブルなってしまいます。
 そんな時は太陽の陽の光が、ことのほか嬉しいもんです。
山の端から光の束がゴ~ッとやってきて、霜を溶かしていく。
這いつくばってながめていると、小っちゃな音がするんだな。
プチッ、サッ、・・・寒さに身を屈めていた葉っぱのお目覚めか。
それとも、本格的な冬の到来まえの屈伸運動なのでしょうか。
 その葉の中に老い葉が1枚、抱かれたように横たわっています。
死せる葉にも、生きる葉にも陽の光が降り注いできました。
 RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5  11月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

寒くないの~?

花になれ

関連記事

  1. 12月初っぱなの福島潟

    全く関係ない話運転中、モシモシやっていたら、普通車で18,0…

  2. 露とんぼ

    2015年10月18日(日)撮影 早朝、久しぶりに福島潟の北側に足を運んでみ…

  3. 福島潟・影ごおり

    昨夜の28日は新潟駅前のホテルで会社の新年会があった。少々早…

  4. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

  5. 光芒

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f2.8s Nik…

  6. 鈍色の雲沼

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽…

  7. アマガエル

     カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。雨がしとしと降…

  8. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。