霜そして陽の光

 平地でも早朝、霜が降りているのを見かけるようになった。
撮影中、体が冷えてきて、足踏みすると、大体はザクッ、ザクッ
という土音に変わっているから、暗がりの中でも、予想はつく。
それで、夜が明けるにつれ、白の大地が浮かび上がってくると、
より一層寒さや、冷たさを感じてブルブルなってしまいます。
 そんな時は太陽の陽の光が、ことのほか嬉しいもんです。
山の端から光の束がゴ~ッとやってきて、霜を溶かしていく。
這いつくばってながめていると、小っちゃな音がするんだな。
プチッ、サッ、・・・寒さに身を屈めていた葉っぱのお目覚めか。
それとも、本格的な冬の到来まえの屈伸運動なのでしょうか。
 その葉の中に老い葉が1枚、抱かれたように横たわっています。
死せる葉にも、生きる葉にも陽の光が降り注いできました。
 RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5  11月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

寒くないの~?

花になれ

関連記事

  1. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  2. アマガエル

     カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。雨がしとしと降…

  3. 水草覆う福島潟

    湖面の所々にコウホネの群落が出来上がってきました。その間を埋めるようにヒシ…

  4. 夜明けの幾何学

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s Nik…

  5. タカアザミに姫

    垂れ下がったタカアザミの花で吸蜜中のヒメアカタテハ。公園で見…

  6. ウラナミシジミ

      今朝方に一度Facebookページと連携させて投稿したがどうも変だ。 お…

  7. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。…

  8. 凍吹雪

    『いてふぶき』と読む。当時の状況を思い浮かべ、この造語が良いかなと。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。