ウラナミシジミ

  今朝方に一度Facebookページと連携させて投稿したがどうも変だ。
おかしい。雰囲気が怪しい。それで、「いいね」も付いてなかったので、
早いうちに連携を解除した。文面も全て最初から書き直している。
 “ウラナミシジミ”の撮影はオイラにとっては初めてで、嬉しいのだが、
蝶に興味の無い方、もしくは蝶が苦手という方も結構いらっしゃる。
そういう方に「ウラナミシジミを見ちゃったんだよ!」と、言ったところで、
「だからどうしたの」「それで」と反されるのが目に見えていたんだな。
小躍りしている此方の気持ちとは真逆に反応されてしまうと辛いものがある。
しかも、Facebookページの掲載写真が妙に不鮮明になっている。
そんなことが重なって、ちょっといたたまれなくなってきて削除した次第。
 写真のウラナミシジミは11月18日、
霜が降り一部で氷が張った福島潟での撮影だ。
もともと南方系の蝶で、秋に北へと広がっていくが冬は越せないよ・・
なんて図鑑に書かれていたから、気温の下がった朝にお目にかかるとはビックリだ。
しかも、このカットの撮影中に逃げられている。
太陽の光をどれだけ浴びたか 解らんが、まだまだ十分ではなかったはず。
なのにサッと逃げられた。
左右の振幅少なく直線的に、焦ったような飛び方で行っちまったのだから。
 RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5  福島潟 11月18日撮影
*この写真については連携掲載を取りやめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

そのまま・・動くなよ~

ん?・・

関連記事

  1. 人知れず輝くカキドオシ

    撮影後に畦道を歩いていて、知らず踏みつけていたカキドオシ。目線を下に落とし…

  2. 朝露とモンシロチョウ

     言い方は悪いが台風接近時の朝焼けは条件さえ整えば異常に赤く燃える・・そう考…

  3. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  4. Rollei Retro80s・粗目雪と霜葉

    Ai-Micro Nikkor 55f2.8s NikonF3カメラの中…

  5. 草葉の陰

     撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、…

  6. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

  7. 鳥達の声、響き渡る福島潟

    前回訪問時(5月15日)と同じように綺麗な朝焼けでした。風は…

  8. 犬蓼に紋黄蝶

    イヌタデにとまったモンキチョウ。イヌタデは色褪せ枯れかかって、ピンクの色素が…

コメント

  1. こんばんは。
    尾状突起のしっかりした結構綺麗な個体ですね。よく撮れてると思います。
    このチョウ、興味ない人から見れば結構地味なので、チョウなの?ガなの?
    といった感じの反応じゃあないでしょうか。

    • こんばんは。
      ウラナミシジミ・・覧て頂き助かりました!
      ほとんどの方は知らないもんね。もしかして、いいね・・しました?
       話替わって、モニターの応募記事、苦悩中です。
      とんでもない倍率で、やる気無くなりつつあります。

  2. 番組モニター。これだけの文章力があれば行けるんじゃあないですか?素人考えですけど。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。