ウラナミシジミ

  今朝方に一度Facebookページと連携させて投稿したがどうも変だ。
おかしい。雰囲気が怪しい。それで、「いいね」も付いてなかったので、
早いうちに連携を解除した。文面も全て最初から書き直している。
 “ウラナミシジミ”の撮影はオイラにとっては初めてで、嬉しいのだが、
蝶に興味の無い方、もしくは蝶が苦手という方も結構いらっしゃる。
そういう方に「ウラナミシジミを見ちゃったんだよ!」と、言ったところで、
「だからどうしたの」「それで」と反されるのが目に見えていたんだな。
小躍りしている此方の気持ちとは真逆に反応されてしまうと辛いものがある。
しかも、Facebookページの掲載写真が妙に不鮮明になっている。
そんなことが重なって、ちょっといたたまれなくなってきて削除した次第。
 写真のウラナミシジミは11月18日、
霜が降り一部で氷が張った福島潟での撮影だ。
もともと南方系の蝶で、秋に北へと広がっていくが冬は越せないよ・・
なんて図鑑に書かれていたから、気温の下がった朝にお目にかかるとはビックリだ。
しかも、このカットの撮影中に逃げられている。
太陽の光をどれだけ浴びたか 解らんが、まだまだ十分ではなかったはず。
なのにサッと逃げられた。
左右の振幅少なく直線的に、焦ったような飛び方で行っちまったのだから。
 RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5  福島潟 11月18日撮影
*この写真については連携掲載を取りやめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

そのまま・・動くなよ~

ん?・・

関連記事

  1. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  2. シオカラトンボ

     福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休…

  3. 蒼の福島潟

    夜が明けていく  朝の始まりは蒼一色静かな福島潟が広がってい…

  4. 冷え込んだ夜明け

     首にタオル巻いてマスクして「防寒対策ヨシ!」。「来てちょーだい」。寒くてピ…

  5. 夏至の太陽・福島潟

    あれまぁ~! これまた随分と日の出位置が北に寄ったもんです。…

  6. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  7. 夜明けの小舟

    夜明け前は特に好きだ。眺めるのはもちろん、読むのも好き。島崎…

  8. 白鳥は内股で歩く

    大きさは僕の手の平ほど。これで水かきがあるということは白鳥で…

コメント

  1. こんばんは。
    尾状突起のしっかりした結構綺麗な個体ですね。よく撮れてると思います。
    このチョウ、興味ない人から見れば結構地味なので、チョウなの?ガなの?
    といった感じの反応じゃあないでしょうか。

    • こんばんは。
      ウラナミシジミ・・覧て頂き助かりました!
      ほとんどの方は知らないもんね。もしかして、いいね・・しました?
       話替わって、モニターの応募記事、苦悩中です。
      とんでもない倍率で、やる気無くなりつつあります。

  2. 番組モニター。これだけの文章力があれば行けるんじゃあないですか?素人考えですけど。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。