春待つカタクリ

2012年4月15日関川村、鷹巣キャンプ場。

今年は積雪が異常に多く、日陰部分ではまだかなりありました。

天候は晴れ。ただし林床はひんやりしています。

ヒッヒッと鳴いては尾をピクピクさせているジョウビタキ、高い梢ではイカル、樹幹からはゴジュウカラの声が間断なく聞こてきます。

野鳥たちのさえずりがリズミカルでみんなで合唱しているみたい。

雪面を突き破ってカタクリの葉がのぞいていました。

葉っぱは肉厚で堅く、まるで雪を突き破るための道具みたい。

明らかに光合成以外の重要な働きと言えます。

それを逆光で撮ることにしました。ぼけた背景がキラキラ輝き眩しいです。

露出の設定で悩み同じアングルでスピードを変えては5,6枚撮影したかな。

55ミリマクロ、NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カモシカの足跡かも

開花後のカタクリ

関連記事

  1. おおさど丸

    ~過去写真から~新潟と佐渡両津を結んでいたカーフェリー「おおさど丸」…

  2. 頭上の秋

    もうじき雪がやって来る窓辺に置いたラジオからそんな気象情報が…

  3. raindrops

    オニユリ。ヤマユリの咲く時期はとっくに過ぎたが、替わって咲きだしたこ…

  4. ヤマガラ

    (過去写真 初掲載)この写真はNikonF4で撮影した。…

  5. 山影蒼く・ノビタキ

     大きな川を隔てて蒼く沈んだ山肌は新発田市米倉の山々。野焼きの煙がほどよく地…

  6. 今になって『タラの芽』の写真

    昨夜、タラの芽を食べている夢を見た。故郷の胎内市の飲み屋で同…

  7. みんな帰っちゃったな・・

     仲間の白鳥たちはみんな北へ帰っていった。賑やかだった湖面はすっかり静まり返…

  8. めおと蕗

    本日25日、子どもの拳大のふきのとうが気になって、撮影場所の新発田市…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。