春待つカタクリ

2012年4月15日

関川村、鷹巣キャンプ場。

今年は積雪が異常に多く、日陰部分ではまだかなりありました。

天候は晴れ。ただし林床はひんやりしています。

ヒッヒッと鳴いては尾をピクピクさせているジョウビタキ、高い梢ではイカル、樹幹からはゴジュウカラの声が間断なく聞こてきます。

野鳥たちのさえずりがリズミカルでみんなで合唱しているみたい。

雪面を突き破ってカタクリの葉がのぞいていました。

葉っぱは肉厚で堅く、まるで雪を突き破るための道具みたい。

明らかに光合成以外の重要な働きと言えます。

それを逆光で撮ることにしました。ぼけた背景がキラキラ輝き眩しいです。

露出の設定で悩み同じアングルでスピードを変えては5,6枚撮影したかな。

55ミリマクロ、NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カモシカの足跡かも

開花後のカタクリ

関連記事

  1. アヤメに重ねる笑顔

    母にアヤメの花開いた姿を見せてあげたかったが、駄目だった。風…

  2. 朽ちた煙突

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f…

  3. かたくりの花

    今年初めてのカタクリ。ほぼ順光での撮影です。背景は小川の落ち込み口でカ…

  4. 草紅葉

    秋が深まるとイネ科の枯れ草が目立ってくるんですね。華やぐ花々…

  5. ホオズキ・鬼灯

    ホオズキは漢字で鬼灯と書く。お盆の時期に仏前やお墓に備えるの…

  6. モリアオガエル?

    これって・・モリアオガエル?一般的な雨蛙と比べると二倍以上デカい。そ…

  7. 手水舎の柄杓

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3手水…

  8. 緑の中のベニシジミ

    16日の午前中、胎内市にある胎内昆虫の家に行ってきた。一般客410円の入場…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。