春待つカタクリ

この記事は1分で読めます

2012年4月15日
 関川村、鷹巣キャンプ場。
今年は積雪が異常に多く、日陰部分ではまだかなりありました。
 天候は晴れ。ただし林床はひんやりしています。
ヒッヒッと鳴いては尾をピクピクさせているジョウビタキ、
高い梢ではイカル、樹幹からはゴジュウカラの声が間断なく聞こてきます。
野鳥たちのさえずりがリズミカルでみんなで合唱しているみたい。
 雪面を突き破ってカタクリの葉がのぞいていました。
葉っぱは肉厚で堅く、まるで雪を突き破るための道具みたい。
明らかに光合成以外の重要な働きと言えます。
それを逆光で撮ることにしました。ぼけた背景がキラキラ輝き眩しいです。
 露出の設定で悩み同じアングルでスピードを変えては5,6枚撮影したかな。
 55ミリマクロ、NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。