霧の船着き場

 「船着き場」、「桟橋」・・どちらを選ぼうか迷ったが、
大和言葉が使われた「船着き場」のほうが情緒があってよろしい。
むかし、写真の先生が「題名も作品のひとつなんだよな~」と、
言い聞かせるように話してくれた姿が今でも忘れられないでいる。
 前回掲載した、あの写真の数分前の姿がご覧の写真。
日の出直前に沸きだした霧と黒光りする船着き場を絡めてみました。
全く同じ構図でも、時間帯や霧、光周りでイメージが違うんだな。
 手足が冷たくなってきて、両手にふうふう息を吐きかけ、
足はバタバタ・・風は無いのにかなり冷え込んで、尿意も・・・
それでも、佇んでいたのは霧が出る雰囲気がありありだったから。
「はよ~出てくれよ~・・」「たのむよ~・・」
一生懸命に願いを込めて見つめているうち・・あれっ?・・
来ました、来ました。「おまたせ!」「こんなもんでいいかいな・・」
・・・・潟の神様がちょっとは微笑んでくれました。
 RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5  11月18日
*水面上の黒い点々が見えるけど、浮かび流れてきたゴミ。
 画面から消えるまで待てなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

レトロな朝/福島潟

朝靄の中

関連記事

  1. 夏至の太陽・福島潟

    あれまぁ~! これまた随分と日の出位置が北に寄ったもんです。…

  2. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  3. 朝靄の中

    「気持ちいいぞ、ホレ・・こうやるんだ・・オープン!」・・左のドン「・・勘弁し…

  4. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら、激し…

  5. ヤマトシジミとマイクロレンズ

     Nikonでは昔から接写用レンズを“マイクロレンズ”と呼ぶ。どうして“マク…

  6. 桃色雲

     コウホネを覆い尽くす勢いで広がったヒシは弱まる気配がなく、湖面の向こう側へ…

  7. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  8. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。