霧の船着き場


「船着き場」、「桟橋」・・どちらを選ぼうか迷ったが、大和言葉が使われた「船着き場」のほうが情緒があってよろしい。

写真の先生が「題名も作品のひとつなんだよな~」と、言い聞かせるように話してくれた姿が今でも忘れられないでいる。

前回掲載した、あの写真の数分前の姿がご覧の写真。

日の出直前に沸きだした霧と黒光りする船着き場を絡めてみました。

全く同じ構図でも、時間帯や霧、光周りでイメージが違うんだな。

手足が冷たくなってきて、両手にふうふう息を吐きかけ、足はバタバタ・・風は無いのにかなり冷え込んで、尿意も・・・それでも、佇んでいたのは霧が出る雰囲気がありありだったから。

「はよ~出てくれよ~・・」
「たのむよ~・・」

一生懸命に願いを込めて見つめているうち・・あれっ?

来ました、来ました。

「おまたせ!」
「こんなもんでいいかいな・・」

・・・・潟の神様がちょっとは微笑んでくれました。

 RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5  11月18日
*水面上の黒い点々が見えるけど、浮かび流れてきたゴミ。
画面から消えるまで待てなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

レトロな朝/福島潟

朝靄の中

関連記事

  1. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って…

  2. 眠れたかい? エノコログサの懐で一夜を明かしたア…

    エノコログサの懐で一夜をあかしたアキアカネ。夜明けは冷え込んだから、…

  3. ハスの葉の上で哲学する雨蛙 ・NikonF3&A…

    100TMX Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  4. 水玉とツバメシジミ

    ピントを合わせると夜露に濡れたツバメシジミだった。葉や枝も全て露に濡れてい…

  5. 朝靄の中

    「気持ちいいぞ、ホレ・・こうやるんだ・・オープン!」・・左のドン「・・勘…

  6. 枯れ葉?

    『オーレリアンの庭 今森光彦 四季を楽しむ里山の暮らし』というNHKのド…

  7. 寒くないの~?

    あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛…

  8. 岸辺の一本の木が一番美しい立ち姿を見せる夜明け前…

    RICOH・GRⅢx画角は35㎜版フィルム換算で40㎜相当。GRⅢxが4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。