霧の船着き場

 「船着き場」、「桟橋」・・どちらを選ぼうか迷ったが、
大和言葉が使われた「船着き場」のほうが情緒があってよろしい。
むかし、写真の先生が「題名も作品のひとつなんだよな~」と、
言い聞かせるように話してくれた姿が今でも忘れられないでいる。
 前回掲載した、あの写真の数分前の姿がご覧の写真。
日の出直前に沸きだした霧と黒光りする船着き場を絡めてみました。
全く同じ構図でも、時間帯や霧、光周りでイメージが違うんだな。
 手足が冷たくなってきて、両手にふうふう息を吐きかけ、
足はバタバタ・・風は無いのにかなり冷え込んで、尿意も・・・
それでも、佇んでいたのは霧が出る雰囲気がありありだったから。
「はよ~出てくれよ~・・」「たのむよ~・・」
一生懸命に願いを込めて見つめているうち・・あれっ?・・
来ました、来ました。「おまたせ!」「こんなもんでいいかいな・・」
・・・・潟の神様がちょっとは微笑んでくれました。
 RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5  11月18日
*水面上の黒い点々が見えるけど、浮かび流れてきたゴミ。
 画面から消えるまで待てなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

レトロな朝/福島潟

朝靄の中

関連記事

  1. 人知れず輝くカキドオシ

    撮影後に畦道を歩いていて、知らず踏みつけていたカキドオシ。目線を下に落とし…

  2. 朝露とモンシロチョウ

     言い方は悪いが台風接近時の朝焼けは条件さえ整えば異常に赤く燃える・・そう考…

  3. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  4. Rollei Retro80s・粗目雪と霜葉

    Ai-Micro Nikkor 55f2.8s NikonF3カメラの中…

  5. 草葉の陰

     撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、…

  6. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

  7. 鳥達の声、響き渡る福島潟

    前回訪問時(5月15日)と同じように綺麗な朝焼けでした。風は…

  8. 犬蓼に紋黄蝶

    イヌタデにとまったモンキチョウ。イヌタデは色褪せ枯れかかって、ピンクの色素が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。