夜明けの岸辺

闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。

その中を通って湖畔へと進み、目を凝らして辺りを窺うも、其処には見慣れたシルエットが佇んでいるだけで、拍子抜けした。

後ろを振り返ってみる。

確かに地表近くで霧が揺らいでいる。

集まったギャラリーを失望させたくないのか、福島潟の主が大地で沸き上がった霧をしきりに湖上へと誘っているようだが、力及ばず、せいぜい岸辺でとどまり、全体までは拡がらない。

朝焼けの刻を迎える頃には後ろで「いまか」と待機していた霧さえも萎んでしまい、代わりに掃き清められた潟が現れてきたのです。

夜明けが遠く山裾から、潟を渡り、こちらに向かってきます。

 RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5 11月13日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

散りゆくまえに

早く撮ってくれよ~

関連記事

  1. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

  2. 憂鬱な朝焼け

    なんてタイミングが悪いんだろう。それまで前兆さえなかった便意が、これまた予…

  3. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら、激し…

  4. 染まる福島潟

    新潟市・福島潟二王子岳に遮られた雲が次第に折り重なる一方で、山の端は…

  5. 河氷に舟浮いて

    “沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな、と…

  6. そのまま・・動くなよ~

    陽が射して暖まってくると、飛び交う蝶が、やたら目に付いた。少…

  7. 冷え込む

     なんだか、急に冷え込んできた(期待している自分がいる)。昨晩は未明、窓枠が…

  8. 夜明けの木

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3福島…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。