夜明けの岸辺

闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。

その中を通って湖畔へと進み、目を凝らして辺りを窺うも、其処には見慣れたシルエットが佇んでいるだけで、拍子抜けした。

後ろを振り返ってみる。

確かに地表近くで霧が揺らいでいる。

集まったギャラリーを失望させたくないのか、福島潟の主が大地で沸き上がった霧をしきりに湖上へと誘っているようだが、力及ばず、せいぜい岸辺でとどまり、全体までは拡がらない。

朝焼けの刻を迎える頃には後ろで「いまか」と待機していた霧さえも萎んでしまい、代わりに掃き清められた潟が現れてきたのです。

夜明けが遠く山裾から、潟を渡り、こちらに向かってきます。

 RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5 11月13日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

散りゆくまえに

早く撮ってくれよ~

関連記事

  1. 福島潟 黎明

    三日月、金星、スピカ?の撮影後も湖畔で待機。上空はいつのまにか雲が消…

  2. 草葉の陰

     撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、…

  3. 靄る福島潟・迷惑男と遭遇したの巻

    2016年3月5日(土)撮影 真夜中に目が覚めてしまいました。外に出て空を仰…

  4. ん?・・

    丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地…

  5. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  6. 紅露草

     昨日と違って今朝の福島潟はそれなりに赤く染まってくれました。ギャラリーはオ…

  7. 夜明けの小舟

    夜明け前は特に好きだ。眺めるのはもちろん、読むのも好き。島崎…

  8. 北風と太陽・Rollei Retro 80S

    Rollei Retro 80S Ai-Micro Nikkor 55f2.…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。