夜明けの岸辺

闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。

その中を通って湖畔へと進み、目を凝らして辺りを窺うも、其処には見慣れたシルエットが佇んでいるだけで、拍子抜けした。

後ろを振り返ってみる。

確かに地表近くで霧が揺らいでいる。

集まったギャラリーを失望させたくないのか、福島潟の主が大地で沸き上がった霧をしきりに湖上へと誘っているようだが、力及ばず、せいぜい岸辺でとどまり、全体までは拡がらない。

朝焼けの刻を迎える頃には後ろで「いまか」と待機していた霧さえも萎んでしまい、代わりに掃き清められた潟が現れてきたのです。

夜明けが遠く山裾から、潟を渡り、こちらに向かってきます。

 RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5 11月13日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

散りゆくまえに

早く撮ってくれよ~

関連記事

  1. 夜が割れていく

     夜が割れていく時間がやってきました。肉眼では捉えられないような星々の流れや…

  2. 秋色 枯草色

    20日の福島潟。土手を覆う草むらの中を覗いてみると、トンボや…

  3. タカアザミ・朝霜

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF…

  4. 凍光

    “凍光”には違わないが、一寸は温かさを感じたかな。でも湖面はキレキレにギ…

  5. 冬支度

    日曜日,5時福島潟着。月が西の空、低い位置にある。放射冷却現…

  6. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

  7. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  8. 朝露とモンシロチョウ

     言い方は悪いが台風接近時の朝焼けは条件さえ整えば異常に赤く燃える・・そう考…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。