ともしび

暗く沈んだ朽ち葉を闇夜とみるなら、赤朽ち葉はともしびか。

舞い落ちた葉が闇夜を照らす赤いロウソクの灯火に見えてきたのは、木々から剥がれてもなお生へのこだわりがあるからなのでしょう。

晩秋の夜明け、雨が止んだ林の中は植物たちや土のにおいに溢れていて、その場にいるだけで、体の汚れが清められていくのが分かるのです。

陽が射してきて、さらにその奧へと足を踏み入れるとより静寂な世界。

風が吹いて林がゆらっと揺れ動き、雨粒がパラパラ滴り落ちてきても、落ち葉が幾重にも堆積した大地は吸水マットのように受け止めています。

そのたびごとに、土に還ろうとしている老い葉でさえ潤い輝くのです。

あの様は傍らで観ていて、いいもんです。

帰り際、駐車場の周りに落ちている空き缶拾いをやりました。20分程度でしたが、レジ袋で2個ほど回収してきました。

家では食っては寝ての繰り返しで、冷蔵庫開けてはビールに手。

そんな男でさえ、豊かな気持ちになったひとときでありました。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5

11月3日早朝撮影 旧豊浦町にて

*写真は赤朽ち葉が画面の底辺に対し直立して見える位置から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

霜降・雨濡れとんぼ

主菓子

関連記事

  1. 俺だけ見て!と言うけれど

    「後ろの仲間はいいから、俺だけ見て!」健気でか弱そうな姿にし…

  2. ねじの回転

    確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で…

  3. はじける いのち

    撮影の実際モデルさんは一体誰なんだろう?どこかで見かけたような立ち姿。もし…

  4. “観音”すみれ

    タチツボ?・・判断に迷う時は昔から、撮影した場所の地名を頭に付けて呼んで…

  5. 深山茜・未成熟個体

    未成熟個体ではあるが、7日から10日前に見た時より体色が濃くなってきた。…

  6. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  7. 子供の声と蕗の薹

     滝沢の水芭蕉群生地に向かって砂利道を歩いていて子供の声。立ち止まって耳を澄…

  8. 寄り添う春

    2016年3月下旬撮影陽気に誘われて関川村鷹巣キャンプ場にや…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。