ともしび

暗く沈んだ朽ち葉を闇夜とみるなら、赤朽ち葉はともしびか。

舞い落ちた葉が闇夜を照らす赤いロウソクの灯火に見えてきたのは、木々から剥がれてもなお生へのこだわりがあるからなのでしょう。

晩秋の夜明け、雨が止んだ林の中は植物たちや土のにおいに溢れていて、その場にいるだけで、体の汚れが清められていくのが分かるのです。

陽が射してきて、さらにその奧へと足を踏み入れるとより静寂な世界。

風が吹いて林がゆらっと揺れ動き、雨粒がパラパラ滴り落ちてきても、落ち葉が幾重にも堆積した大地は吸水マットのように受け止めています。

そのたびごとに、土に還ろうとしている老い葉でさえ潤い輝くのです。

あの様は傍らで観ていて、いいもんです。

帰り際、駐車場の周りに落ちている空き缶拾いをやりました。20分程度でしたが、レジ袋で2個ほど回収してきました。

家では食っては寝ての繰り返しで、冷蔵庫開けてはビールに手。

そんな男でさえ、豊かな気持ちになったひとときでありました。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5

11月3日早朝撮影 旧豊浦町にて

*写真は赤朽ち葉が画面の底辺に対し直立して見える位置から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

霜降・雨濡れとんぼ

主菓子

関連記事

  1. 鳥居と大コブシ

    春、花が咲いたら撮ろうかな・・三度ほど下見に来てて、「ヨッシャ~、今…

  2. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

  3. 春色バカマ

    里山の斜面に自生するショウジョウバカマを撮ってみました。毎年同じポイントで…

  4. 水鏡

    時間がピタッと止まって、微かな音さえ聞こえない1羽のカモが水を飲もう…

  5. ホタテなキノコ

    これって、ナニ?ホタテ貝を朽ちた木の根元にブスッと刺したみたいなヤツ。色…

  6. 鷺の舞

    夜明けの山陰は蒼く沈んだまま。視線を足元に、雨溜を避けて歩き…

  7. 手水舎の柄杓

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3手水…

  8. 角田山のイカリソウ

     角田山、灯台コース上で撮影。GW期間中に家族で登山。このコースは海抜0メー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。