キタテハ 斬る!

タカアザミの隠し所でお休み中の蝶は・・キタテハの秋型タイプ。

雨風を凌ぎやすい、人間で言うなら“股下”部分に隠れるように潜んでいた。

学名 Polygonia c-aureum ・・う~ん・・読む気にもなれませんが、この中の「C」は茶褐色の翅裏のあの謎めいた模様が由来となっている。

まだ朝陽の香りが残る木洩れ日を待って撮影したが、それにしても、葉っぱの主脈の“白線”が大いに気になって、構図がなかなか決められない。

意地悪な“白線”のせいで画面が二分割してしまうからだった。

縦位置にしたりして出来るだけ気にならないアングルを探すも、キタテハ自体がそこに鎮座している限り、どうしても画面に入ってくる。

だったら、思い切って葉っぱのトゲトゲしい姿そのものを表せたら・と、左側にも深裂したその形状が入る構図にして・・安定感を出したが・・どうだろうか・・・(ここまで読んでくれる人・・いるのかな?)

一刀両断・・スパッと切った方が後腐れないかもね。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 11月5日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

寂しいコハク

1時間と5分

関連記事

  1. 燃えない山の端

    既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、…

  2. ん?・・

    丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地…

  3. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  4. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。…

  5. 雪のない福島潟

    昨日12日、日の出前から此処に立ってました。暗闇の向こうから…

  6. 冬の朝焼け

    冬至を過ぎて迎えた最初の日曜日、五頭山系の山の端が赤く膨らんだ。…

  7. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って湖畔…

  8. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。