福島潟 黎明

三日月、金星、スピカ?の撮影後も湖畔で待機。

上空はいつのまにか雲が消え、気温がグングン低下してきました。

放射冷却のはじまりです。

遠く稜線がオレンジ色に染まり出すと湖上では霧が出始めました。

葦原の真ん中でゆっくりと這うように右から左へと移動しています。

なんだか、大自然を見ているような風景です。

おぉ~!これは・・なんと。

居合わせた複数の写真屋が刻一刻と変わってゆく光景に「外国の風景みたいですね」なんて会話していたけど、オイラも実はそう感じていたんだね。

ベルビア100 35ミリレンズ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏の名残

春三色

関連記事

  1. 早朝の福島潟

    “作画”していない素の福島潟の朝焼け。5月21日に撮影してま…

  2. モンシロチョウの交尾

    新潟市・福島潟 オニバスの咲具合はどんなかな・・チンタラチンタラ小径を歩いて…

  3. タカアザミは何処へ

    タカアザミは下向きに花を付けるが、コイツは地上高30㎝ほどを、上を向いて咲い…

  4. 冷え込む

     なんだか、急に冷え込んできた(期待している自分がいる)。昨晩は未明、窓枠が…

  5. 寂しいコハク

    11月5日土曜日早朝、畦の小径でうずくまったコハクチョウ幼鳥と出会う…

  6. キタテハ・秋型バージョン

    以前、“フィルム写真の落とし穴”について書いたことがある。デジタルカメラと違…

  7. 靄る福島潟・迷惑男と遭遇したの巻

    2016年3月5日(土)撮影 真夜中に目が覚めてしまいました。外に出て空を仰…

  8. 朝陽シジミ

    新潟市・福島潟 2016年7月10日、早朝5時前後の撮影 朝露をたっぷりとま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。