福島潟 黎明

三日月、金星、スピカ?の撮影後も湖畔で待機。

上空はいつのまにか雲が消え、気温がグングン低下してきました。

放射冷却のはじまりです。

遠く稜線がオレンジ色に染まり出すと湖上では霧が出始めました。

葦原の真ん中でゆっくりと這うように右から左へと移動しています。

なんだか、大自然を見ているような風景です。

おぉ~!これは・・なんと。

居合わせた複数の写真屋が刻一刻と変わってゆく光景に「外国の風景みたいですね」なんて会話していたけど、オイラも実はそう感じていたんだね。

ベルビア100 35ミリレンズ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏の名残

春三色

関連記事

  1. 夏草の中

    セスジイトトンボでしょうか、空中ですれ違いざま、雄が雌を捕まえる瞬間に出…

  2. 福島潟の夢

    ~在庫写真から~2014年12月9日撮影RVP100 AI Micro-N…

  3. モンシロチョウ

    NHKの番組『全力失踪』に嵌まってしまった。設定が自分の過去とちょっこら似…

  4. キタテハ 斬る!

    タカアザミの隠し所でお休み中の蝶は・・キタテハの秋型タイプ。雨風を凌ぎやす…

  5. 寂しいコハク

    11月5日土曜日早朝、畦の小径でうずくまったコハクチョウ幼鳥と出会う…

  6. 薄桃色の夜明け・福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  7. 坊主頭とオオミズアオ

    雑記急に暑くなったし、スカッとしたいし・・それで、坊主頭にした。…

  8. 鈍色の雲沼

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。