福島潟 黎明・「外国の風景みたい」なんて声を聞いたよ

三日月、金星、スピカ?の撮影後も湖畔で待機。

上空はいつのまにか雲が消え、気温がグングン低下してきました。

放射冷却のはじまりです。

遠く稜線がオレンジ色に染まり出すと湖上では霧が出始めました。

葦原の真ん中でゆっくりと這うように右から左へと移動しています。

なんだか、大自然を見ているような風景です。

おぉ~!これは・・なんと。

居合わせた複数の写真屋が刻一刻と変わってゆく光景に「外国の風景みたいですね」なんて会話していたけど、オイラも実はそう感じていたんだね。

ベルビア100 35ミリレンズ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏の名残

春三色

関連記事

  1. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  2. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

  3. Spur Silversalt Dev.でRol…

    Nikonf3 Ai-Nikkor24f2.8s Rollei Retro8…

  4. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

  5. 春霞のハンノキ

    2015年5月2日(土)撮影春霞の中、ハンノキの右隣に太陽が昇ってきま…

  6. とにかくかわいい紋白蝶

    朝焼け狙いで土手に上がったものの、雲が厚く紅く染まらず。足元の蝶々でも…

  7. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋のあ…

  8. 和服の似合う女

    2015年9月27日(日)撮影夜明け前、真っ暗な駐車場に乗り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。