紋白蝶の乙女心・ミントな背景が清廉さを醸し出してくれた


朝焼け狙いで土手に上がったものの、雲が厚く紅く染まらず。

足元の蝶々でも撮ろうと、明るくなった土手道を右に左に移動した。

「目を皿のように・・」文字通り丹念に草木の隅々まで探してみると、いましたね。地面スレスレの高さの葉陰に紋白蝶がとまっていました。

土手の法面に体を密着させて、その方を見やると、もう一頭いた。

どちらも、深い眠りの中にいるようで、そばに寄っても逃げない。

いやこれは解釈が違うね・・逃げたくても体が動かない・・だろうね。

被写体選びにちょっと迷ったが、ご覧の蝶にレンズを向けてみた。

光りが辺りにまわっているようで、半分逆光気味の位置から眺めたら、背景の薄緑がぽわ~んとしててなんだかゾクゾク・ワクワクした。

とまった葉っぱは何だろうね。ミントみたいなヤツ。セリ・・?

可愛らしくおねんねしている姿を静か~に・・パシャ~

RVP100 AI Micro-Nikkor f/4s NikonF5  10月上旬だったっけ
*ワードプレス版のみ掲載

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

前のページ

次のページ

コメント

  1. 10月10日です。綺麗で可愛いモンシロチョウでした。

    •  そうでした。
      この後、北側でキタテハ撮ったあの日だ。
      思い出しました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む