潟の細道

およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。

夏の夜明け、エンジン音を轟かせ漁に向かう小舟が醸し出す波紋を眺めていて、なぜか遠くいにしえの風景を思い浮かべてしまいました。

目にする遠くの山並や山裾はおそらくは当時のままで、葦原を渡る青草の匂いも、さほど変わり映えはしないのだろう。

けれど自分が生まれるずっと昔にこの地で生を受け、やがては土と帰っていった数え切れないほどの魂がこの潟の底に幾重にも堆積している
・・・そう思うと、背筋を伸ばし手を合わせたくなるような盆休みでした。

RVP100 AI Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  8月16日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

緑炎

月の山のカメムシ

関連記事

  1. 赤の福島潟

    久しぶりの2連休で、撮影のことだけしか頭になかったが、秋の地雨でしょ…

  2. レモンイエロー

     陽が当たり始めて、雨露に濡れた草地が一気に輝きだして、目を開けようにも眩ん…

  3. 意地悪な雲・福島潟

    上層雲のウロコ雲なのか、中層雲のヒツジ雲なのか、どっちでもよいのですが、あと…

  4. 福島潟・影ごおり

    昨夜の28日は新潟駅前のホテルで会社の新年会があった。少々早…

  5. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院…

  6. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  7. 今季一番の冷え込み、氷紋を撮る

    5時過ぎに福島潟に到着。車から出た瞬間「何、この寒さ!」さっ…

  8. 靄る福島潟・迷惑男と遭遇したの巻

    2016年3月5日(土)撮影 真夜中に目が覚めてしまいました。外に出て空を仰…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。