潟の細道

およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。

夏の夜明け、エンジン音を轟かせ漁に向かう小舟が醸し出す波紋を眺めていて、なぜか遠くいにしえの風景を思い浮かべてしまいました。

目にする遠くの山並や山裾はおそらくは当時のままで、葦原を渡る青草の匂いも、さほど変わり映えはしないのだろう。

けれど自分が生まれるずっと昔にこの地で生を受け、やがては土と帰っていった数え切れないほどの魂がこの潟の底に幾重にも堆積している
・・・そう思うと、背筋を伸ばし手を合わせたくなるような盆休みでした。

RVP100 AI Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  8月16日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

緑炎

月の山のカメムシ

関連記事

  1. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  2. 朝陽シジミ

    新潟市・福島潟 2016年7月10日、早朝5時前後の撮影 朝露をたっぷりとま…

  3. 眠れたかい?

    エノコログサの懐で一夜をあかしたアキアカネ。夜明けは冷え込んだから、この光…

  4. 蒼霧

    『夜明けの霧潟』の数分前の光景です。このような蒼の世界が拡がっていま…

  5. 福島潟・夜明け

    島崎藤村の『夜明け前』を読んだ人ってどれだけいるだろう。僕はホント言…

  6. 霧の中のハンノキ

    目前に湖面が迫るような位置に三脚を構えると腐った臭い。寄せる…

  7. ハンノキ いけ〜っ!

     日本列島に台風18号接近。関東では警報が発令されているのに、こちらは蒸し暑…

  8. yellow tower

    以前に一度掲載した事があるが、今回は別ポジを改めてスキャンした。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。