潟の細道

およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。

夏の夜明け、エンジン音を轟かせ漁に向かう小舟が醸し出す波紋を眺めていて、なぜか遠くいにしえの風景を思い浮かべてしまいました。

目にする遠くの山並や山裾はおそらくは当時のままで、葦原を渡る青草の匂いも、さほど変わり映えはしないのだろう。

けれど自分が生まれるずっと昔にこの地で生を受け、やがては土と帰っていった数え切れないほどの魂がこの潟の底に幾重にも堆積している
・・・そう思うと、背筋を伸ばし手を合わせたくなるような盆休みでした。

RVP100 AI Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  8月16日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

緑炎

月の山のカメムシ

関連記事

  1. またも、土手下のエノコログサ

    2015年10月12日(祝)早朝 撮影またも、土手下のエノコログサ。…

  2. 枯れ葉?

    『オーレリアンの庭 今森光彦 四季を楽しむ里山の暮らし』というNHKのド…

  3. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院したら読…

  4. これもカマキリの卵なの?

    樹液がドロドロと流れ出て、寒風に晒され固まった?福島潟周辺のハンノキ…

  5. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら…

  6. 河氷に舟浮いて

    “沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな…

  7. 凍光

    “凍光”には違わないが、一寸は温かさを感じたかな。でも湖面はキレキレにギ…

  8. 福島潟 いつもの木・富士がB/Wフィルムの製造販…

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。