澄まし顔のベニちゃん

 リオ・オリンピックで体操内村が金メダルを獲得した。
「E難度技」の連続で、目を丸くしテレビに魅入ってしまった。
「ムーンサルト」「ウルトラC」という言葉を思い出した。
あれは誰だったかな・・・あっ、塚原だっ!思い出した。
あの時の衝撃は今でも覚えている・・月面宙返り・・だったっけ。
それにしても、ああいう舞台で逆転劇を演じてみせるとは・・。
 写真は7月下旬、福島潟で撮影したベニシジミ。
コイツの格好も見ようによっては離れ業かもしれないね。
逆さまの状態で脚だけで吸盤みたいに吸い付いているんだよ。
吊り輪で言うなら、十字懸垂に匹敵する力のかかるシーン。
鉄棒で言うなら、カッシーナかな(わかる単語を言っただけ)。
この状態で、10分、20分、制止している。
人間なら頭に血がたまって真っ赤な顔しているはずなのに、
このベニちゃんはどこまでも澄んだ顔色で気品さえ漂わせています。
むせ返るような夏草もこの時ばかりは初々しい若草色を醸し出して、
紅色のコスチュームをより一層、印象づける役目をしています。
 「ねえ、ほら見て! 撮って、早く撮ってよ!」と言わんばかりに
流し目でオイラを魅了する艶やかな姿に釘付けになった。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カナヘビだよね

舞い上がったキアゲハ

関連記事

  1. 腐敗

    炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満…

  2. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  3. キタテハ・秋型バージョン

    以前、“フィルム写真の落とし穴”について書いたことがある。デジタルカメラと違…

  4. シオカラトンボ

     福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休…

  5. あかね雲たなびく福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s NikonF…

  6. 染まれ~ もっと染まれ~!

    ふきのとうが顔を出し始める春先の夜明けは、山の端が茜色に染まります。…

  7. 金平糖

    “金平糖”をイメージしてみた。この花玉なんかいいんじゃないかな。背景も花の輪…

  8. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。