キチョウ

 先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。
その辺の草木に舞い降りて、一休みしているところを近づくのだが、
距離を縮めようと踏み出すその一歩で逃げられる。
何度も繰り返し、いい加減諦めて、別の被写体を探していると、
「いいのかな? オイラを撮らなくて」風に戻ってきた。
「なんだ、なんだ」と強引に近づいたら、今度はなぜかそのまま。
しかも陽の当たるいい場所にとまっている。
翅の下の葉っぱが邪魔で、体を右側に振った瞬間、逃げられる。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  福島潟(7月中旬)
*Facebookページとは連携していません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

イトトンボ・最後の1枚

充電中のツバメシジミ

関連記事

  1. 腐敗

    炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満…

  2. 冬木立

    陽が昇って、凍てついて張りつめた大気がちょっと緩んだ感じ。地表近くで…

  3. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  4. 笑顔の ぼっくい君

    2013年10月27日、4時前に福島潟到着。夜空に冬の大三角がクッキ…

  5. 薄桃色の夜明け・福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  6. 蓮墓標

     このところ、凡ミスが多い。昨日21日夕方は田園(たんぼ)と夕焼けやお月様を…

  7. 期日前投票の朝 

     本日代休。福島潟5時15分着。頭上にシリウスと双子座付近に、あれは惑星の木…

  8. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

コメント

  1. いい写真。確かに右下の葉っぱは邪魔だけど、背景がすっきりして邪魔なものが無いほうが珍しいのが
    自然写真。そこが難しくて楽しいところ。ですよね。

      • とみとみ
      • 2016年 7月 24日 4:48pm

      ファインダーを覗き、すぐに三つ並んだ草とキチョウの組合せを意識して、
      構図を安定させたかったのですが、うまくいきません。
      うまくいかないのは常ですが、翅の下の葉っぱは気になるなぁ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。