キチョウ

 先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。
その辺の草木に舞い降りて、一休みしているところを近づくのだが、
距離を縮めようと踏み出すその一歩で逃げられる。
何度も繰り返し、いい加減諦めて、別の被写体を探していると、
「いいのかな? オイラを撮らなくて」風に戻ってきた。
「なんだ、なんだ」と強引に近づいたら、今度はなぜかそのまま。
しかも陽の当たるいい場所にとまっている。
翅の下の葉っぱが邪魔で、体を右側に振った瞬間、逃げられる。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  福島潟(7月中旬)
*Facebookページとは連携していません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

イトトンボ・最後の1枚

充電中のツバメシジミ

関連記事

  1. 夜明け後の小舟

    『夜明けの小舟』に次ぐ『夜明け後の小舟』。わずか数十分経過しただけで…

  2. 9月の太陽

    この写真、福島潟で撮ったのだけど、どの時期か実のところチンプンカンプ…

  3. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

  4. 河氷に舟浮いて

    “沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな、と…

  5. 朝露トンボ

    2015年9月21日(祝日)撮影コフキトンボと言うらしい。シオカラト…

  6. 桃色雲

     コウホネを覆い尽くす勢いで広がったヒシは弱まる気配がなく、湖面の向こう側へ…

  7. 晩秋の福島潟

    漁を終えた小舟が戻ってきたところを180ミリ望遠レンズで捉えてみまし…

  8. 朝露とモンシロチョウ

     言い方は悪いが台風接近時の朝焼けは条件さえ整えば異常に赤く燃える・・そう考…

コメント

  1. いい写真。確かに右下の葉っぱは邪魔だけど、背景がすっきりして邪魔なものが無いほうが珍しいのが
    自然写真。そこが難しくて楽しいところ。ですよね。

      • とみとみ
      • 2016年 7月 24日

      ファインダーを覗き、すぐに三つ並んだ草とキチョウの組合せを意識して、
      構図を安定させたかったのですが、うまくいきません。
      うまくいかないのは常ですが、翅の下の葉っぱは気になるなぁ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。